日本初登場 ドイツ・ゼロクランプ社製 ものづくり「自動化ロボット搬送システム」を日本国際工作機械見本市で発表 2015年に新発売予定

@Press / 2014年10月20日 10時0分

ゼロクランプ社製 自動化ロボット搬送システム
世界各地から主に工業・産業用機械部品や各種ツールを輸入販売する株式会社キャプテンインダストリーズ(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:渡辺 敏)では、革新的なロボット、クランプ技術を用い小型から中型工作機械にいたるまで網羅できる、ゼロクランプ社製「自動化ロボット搬送システム」を2014年10月30日(木)JIMTOF2014第27回日本国際工作機械見本市で発表いたします。

本製品は日本市場では初登場となり、当社販売網を活かして工作機械製造業・切削、旋削でものづくりを行う企業等へ2015年から販売する予定です。

株式会社キャプテンインダストリーズ URL
http://www.capind.co.jp/
ゼロクランプ社製「自動化ロボット搬送システム」URL
http://www.capind.co.jp/product/zeroauto.php


従来のロボット搬送システムは工場の占有面積が大きくなり、且つ多品種少量生産には不向きなシステムでした。その結果、中小企業での導入はコスト面も含めて非常に困難な状況でした。

ゼロクランプ社製「自動化ロボット搬送システム」は、小規模でも低コストで自動化を確立できる簡単なシステムです。特に5軸加工機には最適なシステムとなっており、機械開口部80%以上をフリーに出来るロボット配置で、センタリングバイス、パレットクランプ等も自社製を採用するトータルコーディネートが可能です。自動化のプログラミングもティーチングで非常に簡単に仕上げました。

また、ワークのみを搬送できるシステムのため、ジグ、バイス、パレットの使用数が最小限に抑えられるため大幅なコスト低減を実現しました。


<ゼロクランプ社製「自動化ロボット搬送システム」の特徴>
●ワークのみの搬送が可能
●ロボット、ワークラックの占有面積が小さい
●可搬重量100Kg
●グリッパー、クランプジグ、工具の自動交換
●One Job-One Rackでワーク、グリッパー、クランプジグ、工具を一つのラックに収納
●ラック、ロボットはジャッキで簡単移動
●プログラミングはティーチングで簡単に作成できる


<ゼロクランプ社について>
世界でユニーク、かつ革新的なクランプシステムを提供するゼロクランプ社。常に現場の意見を聞き、現場主義で商品を開発してきています。
http://www.zeroclamp.com/


<会社概要>
社名 : 株式会社キャプテンインダストリーズ
所在地: 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-8 キャプテンビルディング
代表者: 代表取締役社長 渡辺 敏
資本金: 9,800万円
URL  : http://www.capind.co.jp/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング