インフルエンザウイルス抗菌に白金ナノコロイド&光触媒がダブル効果 人体無害で自宅や幼稚園・老人ホームでも利用可能な「白金ナノコロイドスプレー」販売開始

@Press / 2014年11月5日 10時30分

白金ナノコロイドスプレー
 白金ナノコロイドの製造をてがけるアプト株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:岡山 峰伸)及び、開発型ベンチャーのジャパンモード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:保科 孝)は、人体・動物に影響のない白金ナノコロイドを活用した消臭・抗菌エアゾール「プラチナノベスト エアゾールスプレー」を2014年11月5日に共同開発、発売を開始いたしました。
 白金ナノコロイドは吸引しても人体・動物に影響がないため、小さな子どもや高齢者、ペットがいる家庭において、これからの時期に罹患しやすいインフルエンザ・風邪予防対策として室内抗菌を安全に実現します。

※白金ナノコロイド
食品への配合が厚生労働省から認可されている「サビない貴金属」の白金(はっきん)を2ナノメートル(1ナノメートルは、1メートルの10億分の1)という極小の粒径にした素材。
白金は、自動車の排気ガス処理に使われるなど強い触媒作用があり、また体内にある7種類全ての活性酸素除去に効果があるといわれている。アプト社の白金ナノコロイドは、活性酸素消去能が他社品と比較して3~4倍高く、2年間の長期常温保存試験でも凝集沈殿が生じない品質を誇る。


■冬季に向けてインフルエンザ・風邪予防、従来と違う半永久性効果
 「プラチナノベスト エアゾールスプレー」は、従来コスト面・技術面からエアゾールでの活用が難しかった白金をナノ粒子として噴射することにより、白金ナノコロイドが部屋の空間全体の微細な隙間に入りこみ部屋全体をコーティングします。スポンジのような多孔質構造であらゆる生活臭に消臭効果を発揮し、また触媒作用によって活性酸素消去能を長期持続させます。

 従来の抗菌製品で主に使用されていた銀は、溶媒に溶解して金属イオンとなることで抗菌効果を発揮するため、一度イオン反応してしまうと抗菌作用がなくなります。またノロウイルス対策ではアルコール剤はそれだけでは効果がなく、一般的である次亜塩素酸ナトリウム溶液による消毒も高濃度な溶液を使うと金属が腐食して日常では使いにくいなどの課題がありました。
 一方、白金ナノコロイドは自体が変化しない触媒であるため、抗酸化作用の触媒効果が半永久的に持続し、繰り返し使うほど白金ナノコロイドが部屋中にコーティングされ、より効果が高まります。
 「プラチナノベスト エアゾールスプレー」には光触媒溶液が加わっていることから、光があたるところでは光触媒が抗菌作用し、光が当たらないところでは白金ナノコロイドが抗菌作用しノロウィルスの活性化も阻止します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング