『キリバ・エンタープライズ』をJVCケンウッドがグローバル財務管理システムとして導入決定

@Press / 2014年10月21日 11時0分

資金繰り予測の予実分析グラフ画面
クラウドによるグローバル財務管理ソリューションを展開するキリバ・ジャパン株式会社(以下 キリバ、日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長 桑野 順一郎)は、株式会社JVCケンウッド(以下 JVCケンウッド、神奈川県横浜市、代表取締役会長 河原 春郎)のグローバル財務管理システムとして『キリバ・エンタープライズ』が導入されることが決まりましたのでお知らせいたします。

http://www.kyriba.jp/company-j/press-room-j/jvckenwood-j


■背景
JVCケンウッドは、国内外子会社の資金を可視化し、集約することにより、余剰資金を設備投資やM&Aなどの成長戦略に活用し、また有利子負債の返済に充てることを課題としていました。一般的なキャッシュマネージメントシステム(CMS)と比較し、複数銀行と接続可能で、単一プラットフォームでグローバル財務管理業務に必要なあらゆる機能を兼ね備えている『キリバ・エンタープライズ』とJVCケンウッドのニーズが合致し、導入に至りました。

また、クラウド型なのでオンプレミス型やASP型のソリューションと比べ導入コストが低く、導入期間が短く、年4回のアップデートが無償で行われることも導入の要因となりました。

「JVCケンウッドは世界24ヶ国で事業展開しており、従業員数は約2万名にのぼります。このため、日本円だけではなく、どの国のどの通貨でもリアルタイムのキャッシュ・ポジションを把握することが財務戦略において必要不可欠です。キリバを導入することにより、グループ会社全体のキャッシュを可視化でき、より精緻な資金繰り予測が可能となります。余剰資金が可視化されることにより、企業の成長戦略に必要な資金を直接・間接調達だけに頼る必要がなくなり、さらには有利子負債を圧縮することができます」と当プロジェクトを推進するJVCケンウッド財務経理部長の藤田 聡氏は話しています。


■導入メリット
キリバ・エンタープライズ(資金ポジション管理、資金繰り予測)の導入により、JVCケンウッドは以下のようなメリットが見込まれます。

- 余剰資金の活用による有利子負債の削減と、成長戦略への投資
- 資金繰り予測精度の向上
- 資金の可視化による海外子会社のファイナンシャルリスク管理強化
- 財務管理業務の自動化・効率化


■キリバについて
財務管理・資金管理システムをクラウドで提供しています。既に850社を超える企業で採用されており、クラウド型財務管理ソリューションとして業界No.1の実績を誇ります。
表計算ソフトなど手作業による非効率な資金・財務管理業務を自動化し、管理主体の財務部門を戦略的な組織に変える支援を行います。
米国Kyriba Corporation、株式会社サンブリッジコーポレーション、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム社 会長兼CEO)、スティーブン・シン(コンカー社 創業者兼CEO)が共同出資し、日本法人は2012年に設立されました。


【キリバ・ジャパン株式会社概要(2014年9月現在)】
商号     :キリバ・ジャパン株式会社
本社所在地  :東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
設立     :2012年(日本法人)
代表取締役社長:桑野 順一郎
事業内容   :クラウド型財務・資金管理ソリューション
        『キリバ・エンタープライズ』の開発、販売、
        コンサルティング、サポート

《関連URL》
http://www.kyriba.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング