フィットネスアプリ累計1億DL突破のランタスティック、快眠支援アプリ「Runtastic Sleep Better」を11月7日リリース

@Press / 2014年11月7日 9時30分

「Runtastic Sleep Better」アイコン
スポーツ&フィットネスアプリおよび周辺サービスの開発を手掛ける有限会社ランタスティック(本社:オーストリア、CEO:フローリアン・グシュヴァントナー)は、活動的で健康なライフスタイルに欠かせない快眠をサポートするアプリ「Runtastic Sleep Better」(iPhone/Android向け)を、2014年11月7日(金)にリリースしました。

これまで当社は、GPS位置情報をもとに距離やスピードを計測する運動支援アプリや、筋力トレーニングをカウントするフィットネスコレクションアプリを軸に、体を楽しく動かすことを目標としたエコシステムの確立に努めて参りました。今回はこのエコシステムを「睡眠」という新機軸からサポートする最初のアプリとなります。睡眠効率の計測システム開発過程では、当社スタッフが専門家や医師の立ち合いのもと、数か月にわたり睡眠ラボに寝泊まりを繰り返し、その有効性が確認されています。


【「Runtastic Sleep Better」の特長】
▼睡眠サイクルをもとに、希望時間枠内で起床を促すスマートアラーム
スマートフォンを枕元に置くだけで、睡眠関連データ(時間、サイクル、効率)を計測。希望する起床時間枠内のより最適なタイミングでアラームが鳴るため、すっきりと起床することができます。アラーム音は「海辺の日の出」「雨の日曜日」「キャンプファイヤー」等、36種類から選択が可能です。

▼睡眠に影響を及ぼす外部要因をチェック
カフェインやアルコールの摂取、エクササイズの有無、ストレスレベル、自宅以外のベッド等の情報を追加入力することで、各自の睡眠の質に、どの要素が影響を与えているのかが確認できます。月の満ち欠けに関する情報も加味されます。

▼夢情報入力オプションで、良い夢の割合を表示
「良い夢」「悪い夢」「どちらでもない夢」から、自分の見た夢を選択。それぞれの夢の割合を算出するだけでなく、コメントと一緒にログとして保存することで、夢の記録ダイアリーをつけるオプションが提供されています。

▼Apple iOS 8 HealthKit にも対応
Apple iOS HealthKit にも対応しており、他アプリからのデータと一緒に管理したり、ダッシュボードにて総合データを閲覧することで、より総合的な生活管理が可能になりました。


【「Runtastic Sleep Better」の概要】
アプリ名称:Runtastic Sleep Better(無料版)
対象端末 :iPhone(iOS 7.0)、Android(2.3)
料金   :無料
      (すべての機能が収録された「フルバージョン」は、
       iOS 200円、Android 200円でアプリ内で購入可能)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング