国際コンクールで表彰された、生産者の顔が見えるお米がパックごはんで登場!「炊きたて品質 米風土(まいふうど)パックごはん」新発売

@Press / 2014年10月24日 12時30分

炊きたて品質 米風土パックごはん 「特別優秀賞 鳥取県・三上惇二作 コシヒカリ 93」
 国際コンクールで表彰された全国選りすぐりの生産者のお米を「米風土」(まいふうど)のブランドで流通する株式会社あっぷふぁーむソリューションズ(東京都渋谷区、社長:高橋隆造、以下 あっぷふぁーむソリューションズ)は、高品質なお米を手軽に食べられるパックごはん「炊きたて品質 米風土パックごはん」を新発売。この度、第一弾として「特別優秀賞 鳥取県・三上惇二作 コシヒカリ 93」(200g・380円 / 税抜)の販売を開始いたしました。


 「炊きたて品質 米風土パックごはん」(以下、「米風土パックごはん」)の第一弾は、米・食味鑑定士協会が主催する「第15回米・食味分析コンクール国際大会」で93点という高得点で特別優秀賞を受賞した、鳥取県の農家・三上惇二さんが生産するコシヒカリです。「米風土パックごはん」は、この高品質なお米を直火でふっくらと炊き上げ、炊きたてのまま空気の代わりにチッソガスを入れて無菌状態でパッキングしています。この製法を使うことで、お米と水しか使用せず(脱酸素剤や保存料を用いず)、電子レンジで温めた後も臭みがなく、炊きたてのごはんの風味と美味しさをそのまま味わうことができます。賞味期限は180日間です。


【10月1日、食品の消費税免税制度スタート。海外へのお土産に最適】
 あっぷふぁーむソリューションズでは、日本の宝でもある高品質なお米のおいしさを、日本はもちろん、世界中の方々に、手軽に味わっていただきたいと考えています。たとえば外国の方は、炊飯器を持っている方は少なく、仮に持っていたとしても、お米を炊くことに慣れていません。日本とは生活様式や文化の違う方々に、日本のお米を日本風に調理して美味しく召し上がっていただくには、まだハードルが非常に高いのが実情です。そこで、まずは手軽に味わっていただこうと考えて開発したのが、この「米風土パックごはん」です。
外国の方にも親しんでいただけるよう、英語表記と調理方法を示す英文付きのイラスト表示を加え、パッケージデザインは日本を代表する富士山をモチーフにしました。
 「米風土パックごはん」は、2014年10月1日以降、従来は免税販売の対象となっていなかった食品が免税対象となったことも契機に、観光に来た外国の方が買って帰るお土産品、また、海外へ持っていく日本を代表するお土産のひとつとしても重宝いただけるものと考えています。
 あっぷふぁーむソリューションズでは、今後、「米風土パックごはん」で様々なラインアップを増やしていく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング