10月19日(日) EBiS303(東京・恵比寿) バンタンデザイン研究所 デビューコレクション「VANTAN CUTTING EDGE 2014(東京ROUND)」開催レポート

@Press / 2014年10月24日 10時0分

ランウェイ
ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画、映像、フォト、ゲーム、マンガ、アニメ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(本部所在地:東京都渋谷区、代表:長澤俊二)は、デザインスクールとしては国内最大級のデビューコレクション「VANTAN CUTTING EDGE 2014(バンタンカッティングエッジ)」を、10月19日(日)、東京・恵比寿のEBiS303にて開催致しました。

<ランウェイ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/52824/img_52824_1.jpg


今年のVANTAN CUTTING EDGE 2014は、『RETRO FUTURE 2.0 ~アカルイミライ~』をテーマとして、数ヶ月にわたる厳しい学内審査を勝ち抜いた作品をSHOWまたは展示形式で発表。会場には、ファッション関係者をはじめ、プレスやバイヤーのほか、クリエイティブ業界に憧れを持つ若者など約1100名が来場致しました。

SHOW終了後には、優秀作品を決定する表彰式「VANTAN CUTTING EDGE AWARD(バンタンカッティングエッジアワード)」を実施。FASHION NEWS編集長 村上要氏やアートディレクター/アーティスト えぐちりか氏、ビューティークリエーター・メイクアップアーティスト RUMIKO氏、CHRISTIAN DADAデザイナー 森川マサノリ氏、フォトグラファー HIRO KIMURA氏の5名によって、「ファッション部門」「ヘアメイク部門」「デザイン部門」「ランウェイウェーブ部門」の4分野のグランプリ作品が選ばれ、その中から「VANTAN CUTTING EDGE2014 最優秀グランプリ」として、ファッション学部スタイリスト学科の石居ヴァネッサナオミさんの作品が選ばれました。


優秀作品に選ばれた「ファッション部門」「ヘアメイク部門」「ランウェイウェーブ部門」の作品は、11月28日発売の雑誌『NYLON JAPAN』、そして「デザイン部門」の作品は、11月26日発売の雑誌『デザインノート』で掲載されるほか、最優秀グランプリ作品に選ばれた学生にはクリエイティブ力をさらに高めるためのNY研修ツアーの権利が贈られます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング