<主婦の子ども乗せ自転車利用に関する意識調査>7割以上の主婦が子どもの同乗時に“危険”と感じた経験あり!主婦が自転車の運転を最も注意する時間帯は“夕方”

@Press / 2014年10月24日 14時30分

表1
毎日の買い物、子どもの送迎など移動手段や運搬手段として、多くの主婦が自転車を利用しています。さらにその中で、坂道や重い荷物を運ぶのに、とても便利な電動アシスト自転車の利用者も年々増加し、国内販売台数は40万台以上となり、2011年には二輪車(オートバイ)の販売台数を上回りました。一方で、自転車事故は減少傾向にありつつも、自転車事故は後を絶たず、より自転車利用者のルール・マナーの徹底が重要となっております。

そこで、今年1月に発足しました「自転車の安全利用促進委員会」は、子どもを乗せられる電動アシスト自転車と子どもを乗せられる普通自転車(電動アシスト自転車以外の自転車)に、子どもを乗せて週1回以上利用している20~40代の主婦を対象に「主婦の子ども乗せ自転車利用に関する意識調査」を実施し、1,236名(電動アシスト自転車利用主婦618名、普通自転車利用主婦618名)の回答を集計しました。


【調査トピックス】
1.自転車の購入基準は「価格」「安全性」が高い傾向
電動アシスト自転車の購入基準で第3位の「メーカー・ブランド」(62.2%)は、普通自転車では第6位(23.2%)と大きな差が明らかに
2.主婦が子どもを乗せている時に危険と感じた経験は、1人で乗って危険と感じた時の2倍以上!
3.子どものシートベルト着用率に比べて、ヘルメット着用率の低さが浮き彫りに!普通自転車利用主婦の半数以上が子どもにヘルメットを未着用!
4.主婦が事故に遭った(遭いそうになった)時間帯と、自転車を運転中に最も注意する時間帯は、夕方が1位!


今回の調査結果を受け、自転車ジャーナリスト遠藤 まさ子さんは次のように述べています。

■遠藤 まさ子さんコメント
「もはや育児用品のひとつとしても欠かせない存在となっている電動アシスト自転車。メーカーやブランドに対する意識が普通自転車よりも高い背景には、「大手メーカーなら万全の安全評価を行い、開発にも十分な時間と資金をかけているから安心」といった思いがあるのではないでしょうか。一方で普通自転車の購入基準は圧倒的に「価格」が多く、電動アシスト自転車には安全対策や運転性能、耐久性といった「乗りもの視点」がより強く向けられていると考えられます。どちらも同じ「乗りもの」である一方で、商品の選び方や価値観に大きな差が生まれるということは、まだまだ自転車が生活用品・道具として考えられている裏返しなのかもしれません。

@Press

トピックスRSS

ランキング