.net 開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.6」リリース ~ WPFアプリ(XAML)対応、XPS(Microsoft Document Writer)出力対応 ~

@Press / 2014年11月4日 9時30分

帳票デザインから様々な出力
有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠)は、Microsoft .net開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.6」を2014年11月4日にリリースしました。

製品サイト: http://www.pao.ac/reports.net/


《開発の背景から純国産製品の利点が見えてくる》
今回リリースした「Reports.net Ver 6.6」は、業務系アプリケーション開発を自ら生業としているパオ・アット・オフィスが、同じ開発者の目線で設計・開発した、これまでの.net帳票ツールの弱点をカバーした製品です。

帳票作成ツールは、業務系アプリケーションには欠かせない存在であるため、いくつかのソフトウェアベンダーからは、既に.netの帳票ツールがリリースされています。しかし、これまでの.net帳票ツールは、海外製品が日本語化されたものがほとんどでした。

Reports.netは、日本の帳票に要求される機能を盛り込んだ帳票作成ツールとして独自に開発され、固定行数の伝票や、罫線中心の表等のデザインが容易で、(印鑑の)陰影を透かす等の機能も実装されています。

また、ページを完全掌握できるコード設計が可能です。ユーザプログラムからは海外の帳票ツールが採用している各イベントにコードを書く形式ではなく、1箇所に印刷コードを書いて制御する形式です。帳票作成のためのロジックが分散することなく、プログラムの流れが帳票ツールに依存してしまうというようなことがありません。

国産であるため、サポートが良く、ユーザのニーズを柔軟に取り込み、頻繁なバージョンアップにつなげてきています。


【今回のバージョンアップ内容】
◆XPSファイル出力対応
XPSとは、Microsoft版PDFのようなものです。
環境によって異なりますが、大抵のWindowsには、デフォルトで1つだけ「Document Writer」というプリンタが入っています。XPSは、この「Document Writer」の出力結果でもあります。

今回リリースにおいてReports.netは、XPSファイル出力に対応しました。
※ただしプリンタの一覧に、この「Document Writer」が存在することが前提です。

<使用方法 C#>
IReports paoRep = ReportCreator.GetPreview(); // ReportCreator.GetReport()でも可


paoRep.SaveXPS("ファイル名.xps");

@Press

トピックスRSS

ランキング