「Optimal Biz:スマートフォンなどのUSB接続機能経由による情報漏えい対策」ホワイトペーパーを公開

@Press / 2014年10月29日 11時0分

ビジネス向けスマートフォンアプリ・タブレットアプリのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、昨今発生した重大な情報漏えい事件を踏まえ、スマートフォンなどのUSB接続機能経由にて発生する情報漏えいに対し、3年連続国内シェアNo.1※1 MDM※2「Optimal Biz」による対策方法を取りまとめたホワイトペーパー(技術資料)を、本日10月29日より公開開始いたしました。

「Optimal Biz:スマートフォンなどのUSB接続機能経由による情報漏えい対策」ホワイトペーパー:
http://www.optim.co.jp/products/biz/whitepaper


「Optimal Biz」では、端末管理において機器管理情報の取得とともに、紛失対策や情報漏えい対策のために管理端末の各種制限を行う機能を提供しています。
情報漏えいの経路として、従来はUSB※3メモリー機能を使用した業務データや顧客リストの持ち出しが想定されていましたが、昨今、スマートフォンなどのUSB接続経由での大規模な情報漏えいが社会的な重大な事件となりました。従業員が日常的に所持している個人所有のスマートフォンや、デジタルカメラ、iPodなどのデジタルメディアプレイヤーを業務PCへ接続し、大量のデータをコピーしての不正な持ち出しが、新たな企業の情報管理での脅威となっています。

「Optimal Biz」は管理対象の業務PCへのUSB接続機能を制限するために、USB接続のすべての禁止、またはUSBメモリーなどのストレージのみの禁止設定を行う機能を提供しています。また、「Optimal Biz 7.1」からはストレージとともにスマートフォンやデジタルカメラ、iPodなどのデジタルメディアプレイヤーに対応するポータブル デバイス※4の接続禁止を簡易に設定できるよう機能を拡張いたしました。
このたび公開を開始したホワイトペーパーでは、「Optimal Biz」のUSB禁止機能を情報漏えい対策としてご活用いただけるようにUSB禁止機能の対象範囲、設定および注意点についての詳細を記載しています。

製品の最新情報については、当社Webページをご覧ください。

Optimal Biz製品ページ:
http://www.optim.co.jp/products/biz

オプティムでは今後も、情報漏えい対策のためにMDMの各種機能の改善、改良ならびに技術資料の公開を継続して提供して参ります。

@Press

トピックスRSS

ランキング