大学生向け無料コピー連動アプリ「タダコピアプリ」で障害者や高齢者への対応を学ぶ女子大生が1,000人突破!~ 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、優しいマナーを日本の若者へ ~

@Press / 2014年10月30日 14時0分

障害者に関する世論調査
 一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会(所在地:大阪府大阪市、代表理事:垣内 俊哉)が運営する、障害者や高齢者への基本的な対応スキルを学ぶ「ユニバーサルマナー検定(※1)準3級」を取得した女子大学生が1,000人を突破しました。学生に広く資格取得を呼びかけるため、株式会社オーシャナイズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菅澤 聡)が運営する大学生向け無料コピーサービスアプリ「タダコピアプリ(※2)」内で流通する仮想通貨「タダコピポイント」を、本検定受験と同時に取得できる仕組みを採用しました。


■企画背景
 2016年4月施行の障害者差別解消法、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに備え、日本国内では公共機関・商業機関などにおいて、障害者・高齢者・ベビーカー利用者・妊婦・外国人など、多様な方々に対応するユニバーサルデザイン化が進行しています。今後はハード(施設)面だけではなく、ソフト(対応・声がけ)におけるサービスも重視されます。
 しかし、「障害者に関する世論調査~平成24年7月 内閣府」によると、障害者と気軽に話したり手助けをしたことが「ない」と答えた者の割合が30%となり、前回調査より変動がありません。更に、「ない」と答えた理由の内、接し方や方法がわからないと答えた者が57%となりました。


【障害者に関する世論調査~平成24年7月 内閣府】
Q. 障害者と気軽に話したり、障害者の手助けをしたことが「ない」理由は?
http://www.atpress.ne.jp/releases/53083/img_53083_1.png
参考URL: http://survey.gov-online.go.jp/h24/h24-shougai/index.html

【大学生・専門学生へのアンケート調査~平成24年9月 一般社団法人ユニバーサルマナー協会】
Q. これからの学生生活や就職活動において、障害者や高齢者への対応スキルは必要だと思いますか?(有効回答数72)
http://www.atpress.ne.jp/releases/53083/img_53083_2.png


 これから就職を通じ社会に出る学生にこそ、障害者や高齢者への基本的な対応スキルを習得して頂き、広く周知することで、誰もが安心して暮らせる社会の実現を目指し、今回のプロモーション実施に至りました。


■本プロモーションの主な特徴
 本プロモーションは、「タダコピアプリ」上で2014年8月1日~2014年8月31日まで実施しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング