早稲田大学新3号館の全72室にICT教育支援システムを納入~最新の情報基盤整備で、教育ソリューションの未来を拓く~

@Press / 2014年11月18日 15時0分

新3号館 大教室のレーザー光源プロジェクター・ディスプレイ・講義収録システム
 ソニービジネスソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島 和雄、以下 ソニービジネスソリューション)は、2014年10月、早稲田大学新3号館の全72室に、ICT教育支援システムを納入しました。

プレスリリースはこちら
URL: http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2014/20141118.html?utm_source=press141118&utm_medium=newsrelease&utm_campaign=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9


 早稲田大学は、来たる2032年に創立150周年を迎えるにあたり、「Waseda Vision 150」を制定されています。今回新設された3号館の施設と運営は、「Waseda Vision 150」の核心戦略において掲げられている「教育と学修内容の公開」、「対話型、問題発見・解決型教育への移行」の実現の第一歩と位置付けられています。今回、ソニービジネスソリューションは、新3号館の全72室に、約6秒でスピード点灯し、授業や会議を中断しない高信頼性という特長を持つ最新鋭の「レーザー光源プロジェクター」と、授業収録できるHD対応IPネットワークカメラを設置しました。学生の主体的な授業参加を促す教室AVシステムと、ウェブによる授業内容の公開のための授業収録システムは、2014年10月より運用を開始しました。

 また、実験的な試みとして、CTLT(Center for Teaching, Learning and Technology)と称される教室に設置された「ビジョンプレゼンター」により、授業形態のバリエーションが大きく拡がっています。「ビジョンプレゼンター」は、複数の映像素材を高画質かつ多彩なレイアウトで表示し、効果的なプレゼンテーションやディスカッションの活性化を実現するシステムです。動画や静止画などの画像データ、スライド、ウェブサイト、ビデオ会議などの複数のソースを大画面に表示でき、教員が無線マウスやタブレットを用いて画面を確認しながら、直感的な操作でレイアウトの変更をしつつ、授業を進行できます。

 ソニービジネスソリューションと早稲田大学は、先に発表している「デジタルペーパー」の実証実験などを通じて、共に新たな教育スタイルを模索しています。ソニービジネスソリューションは、アクティブラーニングや、反転授業など、学びの新たな潮流を的確にとらえ、次世代へ向けた教育ソリューションを積極的に提案推進してまいります。

@Press

トピックスRSS

ランキング