11月11日“介護の日”に先駆け、自立排泄に向けて大阪鉄道病院と共同研究 スルッとはける紙パンツで、動作や心理面が変化

@Press / 2014年11月6日 11時0分

外出を楽しむ夫婦イメージ
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、西日本旅客鉄道株式会社 大阪鉄道病院と共同で、引き上げ負荷が軽減された紙パンツを使用した際の患者様の引き上げ動作や心理面の変化について検証を行いました。そして、今回の研究内容を『リハビリテーション・ケア合同研究大会』(2014年11月6日開催)で発表いたしましたのでご報告します。

<外出を楽しむ夫婦イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53147/img_53147_1.jpg


■研究の背景
今年、厚生労働省の健康寿命調査の結果(※1)によると、日本の健康寿命(健康な状態で過ごせる期間)は前回調査に比べ男女ともに期間が伸びたものの、依然として平均寿命との差があることが顕著になっています。平均寿命と健康寿命の差が開くとQOL(生活の質)の低下につながるため、政府も「健康日本21」を推進し、健康寿命の延伸を目標としています。このような中、当社は、大人用おむつ市場を牽引するメーカーとして、高齢化に伴う虚弱化をできるだけ遅らせるために、高齢者のトイレ動作の自立を支援する紙パンツやサービスを提供しています。しかしながら、介護者の86%がトイレやポータブルトイレで排泄させてあげたいと望みながら「ついつい」手助けしてしまう実態が明らかとなりました。主な原因は、紙パンツを引き上げる際に、お尻にひっかかってしまいご本人が自分で引き上げられないことにありました。
そこで当社は、お尻にひっかかりにくく軽い力でスルッとはける紙パンツを開発し、ご本人の引き上げ動作や心理面にどのような変化がもたらされるのかを西日本旅客鉄道株式会社 大阪鉄道病院と共同で検証を行いました。

※1 2014年10月1日 厚生労働省発表

<スルッとはける紙パンツ開発品>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53147/img_53147_2.jpg

<はくときに使う力を低減>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53147/img_53147_3.jpg


■研究の概要
検証対象:回復期リハビリテーション病棟入院患者様12名(平均71.8歳)
検証期間:2014年5月8日~6月20日
検証品 :当社従来品と開発品を比較。
検証方法:紙パンツ引き上げ動作時に、持ち替え回数、把持位置、
     引き上げ位置、時間を測定。
     トイレ後にご本人・介助者にアンケートとヒアリングを実施。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング