クラウド型経営シミュレータで学ぶビジネスオーナーシップ研修「ラーニングストーム」に、ITエンジニア向けコースが登場 ~ビジネス力と技術知識を併せ持つITエンジニアを育成~

@Press / 2014年11月5日 11時0分

仮想経営体験のシナリオ
 法人向けに研修サービスを提供する株式会社アテニューム(本社:東京都港区、代表取締役:瀧澤 和男)は、株式会社フレアリンク(本社:京都市中京区、代表取締役:中山 清喬)と連携し、ITエンジニアを対象としたビジネスオーナーシップ研修「ラーニングストーム(ITエンジニア向けコース)」を2014年11月5日に提供開始します。また、本研修の体験セミナーを2014年11月14日~15日に実施します。

【ラーニングストーム】
http://www.learning-storm.net


■背景
 2013年2月に提供を開始した若手社員向けのビジネスオーナーシップ研修「ラーニングストーム」は、クラウド型シミュレータ内にて仮想企業の設立・運営を体験しながら若手のビジネスマインドとコスト意識を育成する研修プログラムとして、大手企業をはじめ多数のお客様にご受講いただいています。
 「ラーニングストーム」はこれまでも、お客様のご要望等により機能強化と改善をして参りましたが、このたび若手IT技術者を受講対象とした新バージョン(ITエンジニア向けコース)を提供する運びとなりました。


■ITエンジニア向けコースの特徴
 受講者は従来の「ラーニングストーム」と同様の16シーンにわたる仮想企業経営シナリオを体験しながら学習を進めます。ただしITエンジニア向けコースでは、シナリオ中でクラウドやビッグデータをはじめとした各種技術を活用することにより、技術が経営に与える影響やリスクを体験的に理解することができるようにカリキュラムが編成されています。

<学習目標>
・会計的な観点から企業活動に関わる数字を理解し、日々の業務遂行に役立てられる
・クラウドやビッグデータ等の技術がビジネスに与える影響と責任を経営的観点から説明できる
・競争下で安定利益を生み出す難しさと必要性の理解及び企業人としてのマインドセットを獲得する

<実施バリエーション>
・標準日程(2日間)
 短縮日程(1日間)の内容に加え、経営危機体験やマーケティングによる意識改革
・短縮日程(1日間)
 企業とビジネスのしくみ・会計基礎・ビジネス法務基礎等の知識学習が中心


■「ラーニングストーム」の概要と特徴
 「ラーニングストーム」は、クラウド型シミュレータ内にて仮想企業の設立・運営を体験しながら若手のビジネスオーナーシップ(ビジネスマインドやコスト意識)を育成する研修プログラムです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング