クラウド型ネットワーク機器一元管理サービス『D-Link Business Cloud』サービス開始および対応製品『DBA-1510P』販売開始のお知らせ

@Press / 2014年11月4日 10時0分

D-Link Business Cloud対応『DBA-1510P』
ディーリンクジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廖 晋新(マーティ・リャオ)、以下 D-Link)は、法人向けネットワーク機器をクラウドで一元管理する『D-Link Business Cloud』のサービス開始、および本サービスに対応した11ac/n無線LANアクセスポイント『DBA-1510P』の販売開始を、2014年11月4日よりパートナー各社を通じて行うことをお知らせ致します。


『D-Link Business Cloud』が提供する無線LANコントローラ機能により、導入時および運用時の管理者負担は大きく軽減されるようになります。
日本語対応で直観的に設定可能なクラウドに事前にWi-Fiポリシー設定をしておきさえすれば、『DBA-1510P』設置場所では電源投入とLANケーブルを差し込むだけで、クラウドから自動的にポリシーが適用されるゼロ・コンフィグレーションに対応しているため、管理者が現地での導入作業に立ち会う必要もなく、すぐに無線LANをご利用頂けます。
組織やエリアに合わせて多段階層で管理機器を自由にグルーピングおよび名前付けが可能なため、お客様組織/運用形態に合わせた直観的運用管理が可能です。

更に『D-Link Business Cloud』には豊富なモニタリング機能およびレポーティング機能を搭載しています。
管理者が設定したグルーピング単位で、無線LANアクセスポイントへの端末のアクセス数やトラフィック状況、周辺アクセスポイントの状況などを、30分~1ヵ月間と期間を変えたモニタリング/レポーティングが可能になっており、無線LANネットワークに何らかの問題が発生した場合の調査に迅速に対応が可能です。

また、『D-Link Business Cloud』対応の無線LANアクセスポイント『DBA-1510P』は、無線LANの最新規格であるIEEE 802.11ac 3ストリームに対応しており、5GHzでは従来規格の11n製品と比較すると、約4倍の通信速度となる最大1.3G/bps(*1)の高速通信が可能です。
最大接続台数も100台以上(*2)と法人向け製品として充分なキャパシティを持った製品です。

『D-Link Business Cloud』から配信されるポリシーに応じて、最大16個までのマルチSSID機能や、チャネル自動調整機能、外部Radiusサーバと連携したWEB認証機能などに対応しており、小規模~大規模法人の幅広いユーザ様でご利用頂けます。
『DBA-1510P』は、D-Linkの長期無償保証制度であるリミテッドライフタイム保証(製造終了日から5年間の無償保証)に対応しており、ネットワークの保守運用負担を大幅に軽減頂くことが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング