GfK Japan調べ:携帯電話の利用実態調査

@Press / 2014年11月6日 14時30分

図1
 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:藤林 義晃)は、携帯電話ユーザーに対して購入状況・利用状況などに関するアンケート調査を実施し、その調査結果を発表した。


【概要】
・フィーチャーフォンの販売数量構成比はほぼ横ばいで推移
・スマートフォンの購入を検討しない理由1位は「フィーチャーフォンで不自由ない」
・スマートフォンからスマートフォンへの買い替えサイクルは平均2.0年と長期化傾向
・購入したスマートフォンに対する不満が最も高かったのはバッテリーの持ちの悪さだが、その割合は約2割まで減少


【フィーチャーフォンの根強い人気】
 国内携帯電話市場におけるフィーチャーフォンの販売数量構成比(*1)は2012年下半期(7-12月)より2014年上半期(1-6月)にかけてほぼ横ばいで、約4台に1台はフィーチャーフォンが売れている状況であった(図1)。同じアジア圏の先進国である韓国ではフィーチャーフォンが市場に占める割合は1割程度で、比較すると日本のフィーチャーフォンの構成は高いといえる。
 18歳から69歳の男女携帯電話ユーザーのうちスマートフォン非利用者に対し、スマートフォンの購入を検討しない理由を調査(*2)(2014年8月実施)したところ、「フィーチャーフォンで不自由ない」という回答が64%で最も多かった。このことから、非利用者へのスマートフォンの利便性や魅力の訴求がまだ弱いことも一因といえる。次いで購入を検討しない理由にあがったのは「月額利用料が高い」42%、「機種の価格が高い」24%と費用に関するものであった(図2)。現在のフィーチャーフォンユーザーはいわゆるライトユーザーが多く、価格感応度が高い。昨今、話題にあがるSIMフリースマートフォンは端末や通信事業者を自由に選択をすることができ、ライトユーザーに対しても価格面で優位性を持つ。SIMフリースマートフォンは家電量販店におけるスマートフォン市場(*3)において現段階では0.5%程度の規模だが、2013年末より数量が伸び始め、2014年9月の対前年同月比は約1,600%増となった(図3)。今後のLCC(ローコストキャリア)やMVNOといった低価格帯路線の事業者の動向が注目される。

(図1):携帯電話市場 販売数量構成比の推移
    http://www.atpress.ne.jp/releases/53223/img_53223_1.png
(図2):スマートフォンの購入を検討しない理由
    http://www.atpress.ne.jp/releases/53223/img_53223_2.png
(図3):SIMフリースマートフォン市場 販売数量の推移
    http://www.atpress.ne.jp/releases/53223/img_53223_3.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング