地球温暖化防止月間イベント「ひとときフェスタ」12月21日 京都で開催 遊んで学ぶ!親子で地球温暖化防止について考えるイベント

@Press / 2014年11月4日 16時30分

木の楽器「アルパ」の音色を聴いてみよう
京エコロジーセンター(指定管理者:公益財団法人京都市環境保全活動推進協会、所在地:京都市伏見区深草)は、今年度で3回目となる「まちの暮らしと森林のつながり」をテーマとしたイベント「ひとときフェスタ」を2014年12月21日(日)に京エコロジーセンターで開催します。

イベントを通じて、参加者が身近な森林について知り、街で森とつながる暮らしを実践することで、森林資源が循環し、自然に寄り添った持続可能な暮らしを広げることを目的としたイベントです。昨年の参加者アンケートでは、「普段なかなか木とふれあう機会がないので良い経験になりました。」という感想もいただいています。

「ひとときフェスタ」URL
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/10/post-178.php


■「ひととき」とは、「人」と「木」のこと
エコというと「木を伐ってはいけない」と思われがちですが、日本には人が植えて、育てて、使うことで元気になる森がたくさんあります。そして、その森のサイクルが循環し、二酸化炭素(CO2)を吸収することは、地球温暖化の防止につながります。

「ひとときフェスタ」では、つみき作りなどの楽しい木工作や、かんなくずプールなどの森を身近に感じられる体験ブース、おいしい森のごはんなど、まちで森とつながる暮らしのためのヒントを多数お伝えします。また、親子で遊んで学べるイベントを開催します。


■イベント概要
名称:ひとときフェスタ~まちで森とつながる暮らし~
日時:2014年12月21日(日)10:00~16:30
場所:京エコロジーセンター
   京都府京都市伏見区深草池ノ内町13
対象:どなたでも(約1,000名)
料金:入場無料 ※ブースにより一部有料
申込:不要   ※ブースにより先着順
主催:京エコロジーセンター

※駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。


【昨年度実績】
開催日       :2013年11月23日(土・祝)
開催時間      :10:00~16:00
来場者数      :1,508人
支援・協力企業・団体:16団体


【京エコロジーセンターについて】
京エコロジーセンター(京都市環境保全活動センター)
〒612-0031 京都府京都市伏見区深草池ノ内町13
開館時間:9:00~21:00(1・2階展示は17:00まで)木曜休館

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ひとときメイン写真木のつみき広場

@Press

トピックスRSS

ランキング