戦後初!日本人所有の飛行可能な「零戦里帰り」11月5日未明に実現! 11月21日より「さいたまスーパーアリーナ 1F展示ホール」で展示会開催

@Press / 2014年11月6日 13時0分

イベントチラシ
「零戦里帰りプロジェクト」(以下 本プロジェクト)を推進する株式会社ゼロエンタープライズ・ジャパン(本社所在地:東京都品川区、代表取締役:唐木 芳典、以下 ゼロエンター)は、米国法人Zero Enterprise Inc.(本社所在地:米国デラウエア州、CEO:石塚 政秀)所有の「零式艦上戦闘機=零戦」(以下 本機)の日本への里帰りを2014年11月5日未明に実現しました。
戦後初めて日本人所有の飛行可能な零戦が日本へ里帰りしたことになり、まずは同年11月21日から24日までの4日間、「さいたまスーパーアリーナ」で一般公開します。


【エンジン、主翼操縦席部分、機体尾翼部分の3つに分解した状態のまま展示】
本プロジェクトは、2012年9月の報道発表後、紆余曲折を経て2014年9月4日に横浜港に入港、同年10月31日に無事通関、入国許可が下り、11月5日未明に入国しました。今後は、終戦70年を迎える2015年の国内飛行を目指しています。
本機は、米国からエンジン、主翼操縦席部分、ならびに機体尾翼部分の3つに分解し輸送したことから、現在は機体内部の構造などを見ることができる状態です。飛行可能な零戦の内部を見られる希少な状態であることから、今回は分解した状態のままで航空機ファンなどを対象に一般公開することを決定、11月21日から24日までの4日間、「さいたまスーパーアリーナ・1F展示ホール」で展示会を開催します。チケットはゼロエンターの自社Webサイトとチケットぴあにて11月5日より販売を開始しました。


【クラウドファンディングを活用し、航空ファンのみならず広く一般から協力仰ぐ】
今後の管理・保管などに要する資金面については、展示会の開催、各種イベント、博物館、撮影などへのレンタル事業及び、既に募集を開始している「ZEROサポートクラブ」の運営で賄っていく予定です。併せて、まずは飛行できる状態への組み立てや国内飛行実現への関係各所への調整など目的として、広く一般からの協力を仰ぐために、クラウドファンディングサービス「READYFOR」( https://readyfor.jp )を活用します。
同サービスは「幻の自動車復刻」プロジェクトや数多くの社会貢献活動の資金調達実績のあるREADYFOR(レディーフォー)株式会社が提供しています。ゼロエンターは個人、企業、団体などからの出資、スポンサーを2014年11月6日から2015年2月4日までの90日間で2,000万円を募集します。

@Press

トピックスRSS

ランキング