万引きなどによる小売業のロス総額は、日本で約102億ドル(約9,984億円)、24カ国中3番目に高額であることが判明 - 最新版 小売業のロス対策に関する世界調査報告書 発行 -

@Press / 2014年11月6日 9時30分

【世界/各国のロス率】
 小売業界向けマーチャンダイズ・アベイラビリティ(在庫管理最適化)ソリューションの世界大手企業であるチェックポイントシステムズ社(NYSE:CKP、以下 チェックポイント社)の日本法人である株式会社チェックポイントシステムジャパン(東京都港区、代表取締役社長:金村 真一)は本日、小売業におけるロス対策および商品管理に関する世界調査報告書の最新版「GRTB(グローバル・リテイル・セフト・バロメーター:Global Retail Theft Barometer)2013-2014」日本語版を発表しました。
 小売業における「ロス」には、「万引き」、「従業員による盗難」、「サプライヤーによる不正」、「管理上のミス/犯罪以外のロス」が含まれます。


【1. 調査結果について】
・世界24カ国のロス率、ロス総額
- ロス率(売上高に対するロスの割合):1.29%
- ロス総額:1,285億ドル(約12兆5,205億円)

 調査対象となった世界24カ国におけるロス率(売上高に対するロスの割合)は1.29%に相当し、ロス総額は約1,285億ドル(12兆5,205億円)に達することが明らかになりました。


・各国のロス率
- 【世界】国ごとにばらつきがあり、24カ国のロス率は0.83%~1.70%の間
- 【日本】日本のロス率は世界で2番目に低く0.97%、一方でロス総額は102億4,800万ドル(約9,984億円)に達し、アメリカ、中国に次いで世界で3番目に高い

 調査対象のほとんどの国において、わずかではあるものの昨年よりロスは低下しています。日本のロス率は0.97%で、昨年から低下しています(昨年は1.00%)。最もロス率が低い国は、ノルウェー(0.83%)、日本、イギリス(ともに0.97%)となっています。一方、最もロス率が高い国は、メキシコ(1.70%)、中国(1.53%)でした。世界的にロスが低下した要因として、ロス対策の方法に重点を置いた点、経済の見通しがわずかながら改善傾向にある点(特に北米)にあると考えられています。また、ロス率の改善がみられた国の多くは、ロス対策費用を増加しています。

【世界/各国のロス率】
http://www.atpress.ne.jp/releases/53319/img_53319_1.jpg


・ロス率の高い業種/盗難されやすい商品
- 【世界】ディスカウントストア(2.65%)、薬局/ドラッグストア(2.17%)、文具/オフィス事務用品店(1.60%)
- 【アジア太平洋地域】ディスカウントストア(3.00%)、アパレル専門店(2.63%)、文具/オフィス事務用品店(1.60%)

@Press

トピックスRSS

ランキング