アイ・オー・データ「効率的な投資による失敗しないファイルサーバー入れ替え術」セミナー開催 ~迫るWindows Server 2003サポート終了~33.8%がサポート切れまでのリプレース完了せず?

@Press / 2014年11月5日 13時0分

LAN DISK Z
株式会社アイ・オー・データ機器( http://www.iodata.jp/ )は、当社製ネットワークハードディスク(NAS)「LAN DISK Z」を活用した、Windows Server 2003サポート終了にともなうファイルサーバー入れ替えセミナー「効率的な投資による失敗しないファイルサーバー入れ替え術」を全国8拠点にて開催いたします。本セミナーでは日本マイクロソフト様のセッションにて、Windows Server 2003サポート終了後の問題点や、Windows Storage Server 2012 R2の魅力や有効活用するポイントをご紹介。当社セッションにて、多くの企業様でご利用いただいているファイルサーバーの入れ替え方法をご紹介します。参加費は無料です。

(参照)
アイ・オー・データ セミナー
「効率的な投資による失敗しないファイルサーバー入れ替え術」
http://www.iodata.jp/solutions/seminar2014/index.htm

(開催日・開催地)
11月5日(水) 札幌、12日(水) 仙台、19日(水) 東京・秋葉原、
26日(水) 名古屋
12月3日(水) 大阪、5日(金) 金沢、17日(水) 博多、18日(木) 広島


■33.8%がサポート切れまでにリプレースを完了せず、
 当初計画より遅延が2割。

9月に実施した日経BPコンサルティングの「Windows Server 2003サポート終了への対応状況調査」※1( http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/1014wi/ )によれば、現時点でWindows Server 2003を利用している回答者の3分の1(33.8%)が、リプレース作業の完了がサポート終了より先になると答え、2015年4月~7月のギリギリ間に合わせる企業も4割という結果でした。

<Windows Server 2003のリプレース完了時期>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53355/img_53355_2.jpg

また、リプレース作業の完了想定時期は現利用者の20.1%が当初計画より遅れていると別質問で答え、リプレース作業は遅れがちの様子であることがわかりました。


■リプレースが終わらない理由は「予算」「台数」「手間取っている」など。

サポート終了までにリプレースが終わらない理由は「移行作業に必要な投資を行えないから、予算がないから」が35.5%で最も多く、次いでWindows Server 2003の台数が多いから(24.1%)、移行作業に手間取っているから(19.9%)と続きました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング