延べ28万人動員の『百段雛まつり』 第6回は“瀬戸内ひな紀行”をテーマに1月23日~3月8日 目黒雅叙園 文化財「百段階段」にて開催

@Press / 2014年11月6日 13時0分

江戸型古今雛(姫路)/百段階段「漁樵の間」
目黒雅叙園(運営:株式会社 目黒雅叙園/所在地:東京都目黒区)では、2015年1月23日(金)から3月8日(日)まで、『百段雛まつり』~瀬戸内ひな紀行~を、園内・東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催します。

日本各地の時代雛が目黒の地に集結する本企画は、過去5回の開催で、延べ28万人の観客動員数を記録した都内最大の雛人形展となっています。第6回の開催となる今回は、風光明媚な瀬戸内地方(兵庫、岡山、広島)の雛文化が一堂に会します。人形文化の最高峰「お雛さま」と文化財空間の共演をお楽しみいただけます。

URL: https://www.megurogajoen.co.jp/event/hinamaturi/index.html/


◆約7cmの極小雛から日本最大級80cmの享保雛まで、大小様々な名品が集結
第6回となる今回は、日本最小クラスから日本最大級までの雛人形を一堂に展示します。西宮・白鹿記念酒造博物館所蔵、京の雛人形司として最高の名声を博した名人、大木平藏による一体7cm前後の精微な作りの「二寸雛」や、重要文化財・旧野崎(*)家住宅に伝わる、岡山藩主池田侯より拝領、通常の雛の約3倍・高さ80cmもの大きさを誇る「享保雛」(2月11日まで特別公開)など、珠玉の逸品が登場します。さらに、名勝・鞆の浦の重要文化財・太田家住宅での展示を再現したしつらえや特大の次郎左衛門雛など、東京・目黒で瀬戸内屈指の雛文化を体験できるまたとない機会です。


◆阪神・淡路大震災から20年、時代を経て受け継がれる雛人形たち
2015年1月、近畿圏の広域に大きな被害をもたらした阪神・淡路大震災から20年が経過します。震災では雛人形を含む多くのものが失われました。日本玩具博物館(兵庫・姫路)では震災発生の年から雛人形の救済活動を開始し、収蔵資料の中には被災者から寄贈された人形も多数保管されています。「百段雛まつり」で展示される人形は、そのほとんどが長い歴史の中で天災や戦争を経験しながらも受け継がれ、現代まで大切に守られてきた時代雛です。昨今の天災でも多くの歴史あるものが失われた中、長い年月を生きてきた雛人形が失われることなく現代へ繋がれている奇跡を体感いただけます。


~ 瀬戸内地方とは ~
古来より、多くの人や物が行き交い、流通と情報の大動脈だった瀬戸内海には、様々な様式の時代雛の名品が伝わっています。国宝や重要文化財が各地に残る風光明媚な地域より時代雛の逸品が登場します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング