ユビキタス社、各社のWi-SUN対応無線モジュールに標準対応するスマートメーター・HEMSコントローラー向けECHONET Liteの提供を開始

@Press / 2014年11月7日 15時0分

Wi-SUNプロトコルスタック+デバイスおよびコントローラー対応ECHONET Lite実装例
株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大、以下ユビキタス社)は、Ubiquitous ECHONET LiteのWi-SUN(※1)対応バージョンの提供を開始したことを発表致します。

我が国での省エネ、低炭素社会の実現を目標とした「エネルギー基本計画」に基づく2020年代早期の全需要家へのスマートメーターの設置に向け、HEMS(※2)コントローラーとスマートメーター(※3)との通信路であるBルートにおいて、上位層の通信規格としてECHONET Liteを、さらに下位層の920MHz無線通信規格としてWi-SUNを使用することが経済産業省のスマートメーター制度検討会にて合意されました。
これに伴い、各電力会社は、ECHONET LiteとWi-SUNを搭載したスマートメーターの開発や設置をすでに開始しております。また、HEMSコントローラーとスマートメーターとのアプリケーション通信の規格書と認証制度(SMA認証)がエコーネットコンソーシアムにて新たに策定されております。
今後は、これらの通信技術を活用した需要家への新しいサービスを展開する事業者や、新たな産業の出現も期待されています。

各電力会社とホームネットワークとの通信路イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/53372/img_53372_2.jpg


こうした背景を受け、ユビキタス社では、Wi-SUNを使用し、SMA認証が必要なHEMSコントローラーやスマートメーター向けに、各社Wi-SUN対応無線モジュールに標準対応したECHONET Lite ミドルウェアであるUbiquitous ECHONET Lite SDK for Wi-SMARTの提供を開始します。これにより、スマートメーターによる需要家の電力使用量、消費電力の制御など高度な連携、サービスなどをいち早く実現します。

また、Wi-SUN対応無線モジュールを開発される企業様向けには、Wi-SUN対応プロトコルスタックであるUbiquitous Wi-SMARTを提供しております。Ubiquitous Wi-SMARTを搭載することにより、Ubiquitous ECHONET Lite SDK for Wi-SMARTで標準対応可能な無線モジュールの開発が可能となります。

Wi-SUNプロトコルスタック+デバイスおよびコントローラー対応ECHONET Lite実装例
http://www.atpress.ne.jp/releases/53372/img_53372_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング