終活ポータルサイト「終活Cafe」が“残しておける”供花サービス「メモリアルフラワーファクトリー」を11月8日より開始

@Press / 2014年11月7日 13時30分

メインイメージ
日本初の終活マガジン「葬祭流儀」を発行している株式会社日本メモリアル通信(所在地:東京都港区、代表取締役:原山 祐一)は、終活ポータルサイト「終活Cafe」を運営しています。
今回、従来生花で用意することが一般的だった供花に、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー(造花)を用いる「メモリアルフラワーファクトリー」サービスを11月8日より開始いたします。

URL: http://www.shucafe.jp/shop/


■供花サービス「メモリアルフラワーファクトリー」特徴
プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー(造花)を使用した新しいかたちの供養花です。生花と違い、水替えの心配もなく、衛生面にすぐれ、長期間使用できるのが最大の特徴です。亡き人へ、また遺族へ、心をこめて送られた「祈りの花」を添え、故人を想い、毎日手を合わせる。「メモリアルフラワーファクトリー」が提供する供花は、祈る人も心やすらかに癒されます。

今回のサービスは、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー(造花)を使用した供花(仏花)の新しい文化を築き上げてきたフューネラルフラワー協会とのコラボレーションにより提供いたします。


■商品の用途
葬儀・後飾り、法要供養、仏壇・厨子へのお供え、手元供養品、喪中供花など仏事全般に使用できます。ご自身の祈りの花、心の花としてもそばに置いておくだけで心を癒してくれます。
特に、年末に向けたこの時期であれば、喪中ハガキが届いた時に送る「返想供花」(喪中供花)としてご利用いただけます。近年では近親者のみで行う「家族葬」が増えているために、知人のご不幸を喪中ハガキで初めて知るケースが少なくありません。そんな時に、追悼の想い、偲ぶ心を供花に託して送る習慣が広まりつつあります。


■サービス概要
価格   :5,000~10,000円(税抜)
      ※サイズ・花の種類などにより異なります。
      ※5,000円以上のご注文で送料無料
開始日  :11月8日
ご注文方法:終活カフェ・セレクトショップ
      ( http://www.shucafe.jp/shop/ )からお求めいただけます


■デザイナー 岩田 弘美氏 略歴
フューネラルフラワー協会理事・ラムズイヤー主宰・終活カウンセラー上級

プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワーを使用した新しいかたちのフューネラルフラワー文化を築いた第一人者。
2017年春、コロンビア産プリザーブドフラワーを「フューネラルフラワー」という新たな分野にて日本に広めた功績が認められ、コロンビア大使館大使より感謝状授与。
現在全国にて仏花セミナーを行い供花デザイナー・仏華デザイナー育成に務める傍ら、メーカーデザイン、企画開発を手掛ける。また「葬祭流儀」表紙アレンジを担当のほか、同誌コーディネーターとして活動中。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング