大人が楽しめるドッジボール大会、11月10日 東京都中央区で開催 日本ドッジボール協会と首都圏ポスティング協同組合が大会特別ルール作成

@Press / 2014年11月6日 14時30分

11月10日「ポスティングの日」 会社対抗ドッジボール大会
首都圏ポスティング協同組合は一般財団法人日本ドッジボール協会(会長:馳 浩)協力のもと、2014年11月10日に東京都の中央区立総合スポーツセンターで『1110CUP<いい届け杯>会社対抗ドッジボール大会』を開催致します。


一般財団法人日本ドッジボール協会は2013年、公共財団法人 日本体育協会に加盟し、ドッジボールスポーツの普及、発展に努めてまいりました。しかしながら、ドッジボールは『子どもの遊び』と捉えられがちで、小学生には普及しうるものの、中学生以上の方々にはなかなか親しんでいただけていないのが現状です。
この度、「ポスティングの日」である2014年11月10日に首都圏ポスティング協同組合主催で『1110CUP<いい届け杯>会社対抗ドッジボール大会』が中央区立総合スポーツセンターにて開催することとなり、当協会が本大会特別ルールの監修を行いました。
このルールは大人の方でも『少人数・短時間・省スペース』で楽しむことができ、またわずかな時間でしっかりと体を動かせるルールとなっております。この大会での協力をきっかけに、特に日頃の運動機会が少なくなってしまった社会人に対し、ドッジボールを通じて、健康増進の機会作りを目指します。


首都圏ポスティング協同組合の専務理事、開居は「今やポスティング業は首都圏で約200社、配布スタッフ約2万名を有する、一事業として形成されています。当日は18チーム、150人の参加が予定されています。首都圏のポスティングスタッフが想いをぶつけ合う集いが初めて開催されます。つきましては、想いを一つに、心を一つにぶつけ合うポスティングスタッフの姿、首都圏のポスティングを生業としている人たちの姿を、ぜひたくさんのみなさまに見ていただきたい」と語っています。
当日は自由に観覧可能です。大人でも楽しめるドッジボールをご覧いただき、運動機会作りの参考としていただければと考えております。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング