日本生協連調べ 周囲との助け合い 何かあったとき「助けてもらえると思う」2割弱、「助けたい」は5割強

@Press / 2014年11月7日 15時0分

助け合いに関する意識
このたび、日本生活協同組合連合会(略称:日本生協連、会長:浅田克己)は、2014年9月26日~9月27日の2日間、20歳~79歳の男女に対し、「社会保障とくらしの助け合いに関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)


◆ 現在の自分自身の生活に対する満足度 「満足」6割半、「不満」3割半 昨年から満足度上昇
20~79歳の男女1,000名(全回答者)に、現在の自分自身の生活に対する満足度を聞いたところ、「満足している」は1割半(14.9%)、「どちらかといえば満足している」は5割(49.7%)で、合計した『満足』の割合は6割半(64.6%)となりました。
2013年9月に実施した前回調査の結果と比較すると、満足度(前回58.1%)は6.5ポイント上昇し、昨年と比べて自身の生活に満足している人がやや増加していることが明らかになりました。


==社会保障について==
◆ 現在の日本の社会保障に対する満足度 「満足」3割弱、「不満」7割強 昨年調査と同様の結果
◆ 「年金制度に不満」8割、「介護制度に不満」6割半、「子育て支援制度に不満」5割半
◆ 「政府の行う社会保障政策を信用できる」わずか1割半
◆ 「貧富の差による医療格差が広がると思う」7割半、「自分の介護をしてくれる人がいるか不安」6割弱
◆ 周囲との助け合い 何かあったとき「助けてもらえると思う」2割弱、「助けたい」は5割強
◆ 消費税10%への再増税に8割弱が反対

続いて、現在の日本の社会保障に対する満足度を聞いたところ、『満足』(「満足している」+「どちらかといえば満足している」、以下同様)の割合は3割弱(28.0%)、『不満』(「不満だ」+「どちらかといえば不満だ」、以下同様)が7割強(72.0%)となり、不満を感じている人が多数派となりました。
前回調査の結果と比較すると、『満足』の割合(前回26.8%)はわずかに上昇しているものの、昨年調査と同様の結果となりました。

また、全回答者(1,000名)に、社会保障と聞いて、思い浮かべるイメージとして最もあてはまるものを聞いたところ、「政府による支援や給付」が6割(60.7%)で際立って高くなり、「家族の中で支え合う」(12.5%)や「地域で支え合う」(8.4%)といったイメージは1割前後となりました。
年代別にみると、「政府による支援や給付」は、年代が上がるにつれて割合が高くなり、20代では5割弱(46.9%)ですが、60代・70代では7割半(74.6%)となりました。20代は「保険会社など、企業にお金を払って保障を受ける」(11.2%)、「必要がないと感じるもの」(10.5%)で他の年代よりも高い割合となっていて、年代間で社会保障に対するイメージは大きく違っていることがわかりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング