日本初!愛知発の流域に特化したクラウドファンディング『カワサポ』 11月7日からリリース開始

@Press / 2014年11月7日 14時30分

『カワサポ』トップイメージ
愛知発の一般社団法人ClearWaterProject(所在地:愛知県名古屋市、代表理事:瀬川 貴之)は、2014年11月7日(金)に流域の組織・団体が、活動に共感する個人・企業から資金を集めるクラウドファンディングの『カワサポ』をリリースいたしました。

『カワサポ』: https://www.kawa-supporters.net/


■『カワサポ』とは
1.愛知発の一般社団法人ClearWaterProjectがサービス開発をした、流域環境改善に特化(※)したクラウドファンディングです。
(※) 河川や海など、流域環境改善に特化したクラウドファンディングは日本で初めてです。

2.寄付や投資ではなく、購入型
応援者は例えば魚道の設置などを資金で応援し、設置団体はその魚道をのぼることで捕れるようになった鮎などを「ありがとうギフト」として送ります。

3.資金集めだけでなく、活動PRのお手伝いも
当法人が他事業活動に関連して様々な団体の方とお話をする中で、資金はもちろんのこと、「自分達の活動をきちんと外部に発信したい」という要望も伺います。
『カワサポ』が資金のみならず、想いを伝える情報プラットフォームとなることで、活動PRのお手伝いもします。

4.パソコンや広報に不慣れな方も安心
1団体につき1人の専属担当者がつきます。
登録文案の構成や、「ありがとうギフト」の選定、広報も含め、二人三脚で達成を目指します。


■背景
流域に関わる現状として、日本近海では魚介類の漁獲高は右肩下がり、河川生物含め生物多様性も悪化の一途をたどっております。海に漂流しているゴミの問題は年々注目度が増していますが、その7割は河川から流出したゴミです。水質は1970年代の最悪期と比べると大幅に改善されていますが、依然、人が遊べるレベルまでには至っていません。また、林業の衰退により山の治水効果も大きく劣化し、都市化とゲリラ豪雨による河川ヘの流出は洪水災害リスクを増大させているという点も見逃せません。このように私たちの豊かな生活に流域環境の改善は、避けては通れない課題です。また、時代背景として、労働人口が減少することで税収が減り、公共サービスが薄くなっていくという状況があります。今後は、様々な分野でその一部を市民が担っていく仕組みが必要と考えています。そのため、地域の水辺環境向上に取り組む民間団体・組織を支援し、流域で繋げていくことが重要なのではないかと考え、このサービスを立ち上げました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング