【雪印メグミルク】インフルエンザ予防対策に関する意識調査~予防接種を受けても、9割以上の人がさらなる予防対策~

@Press / 2014年11月12日 15時0分

昨年のインフルエンザ予防接種率
雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 吉晴)は、当社保有のプロバイオティクス乳酸菌「ガセリ菌SP株」の様々な健康効果について、日々研究を進めております。今回、インフルエンザシーズンの到来を前に、予防対策に関する意識調査を行いました。その結果、インフルエンザワクチンによる予防接種(以下、予防接種)以外にも、多くの人が様々な予防対策を講じていることが分かりました。


《予防接種を受けなかった人が多数。その理由は?》

●昨シーズン、予防接種を受けなかった人が74.5%。
●受けなかった理由の1位は費用がかかること。費用以外にも、予防接種という行動自体への抵抗感を理由として挙げる人が半数以上。

(データ)
・昨シーズン、予防接種を受けた人は25.5%、受けなかった人は74.5%。
・予防接種を受けた理由は、「学校・会社などで勧められたから」が最多で26%。
・予防接種を受けなかった理由の1位は「高価だから(29%)」。 2位は「病院に行くのが面倒だったから(27%)」。
・予防接種を受けなかった理由として、過半数の人が予防接種という行動自体への抵抗感を挙げていた。
→「病院に行くのが面倒だったから」「病院に行く時間がなかったから」「注射は嫌いだから」「副反応(副作用)が怖いから」のいずれかひとつ以上を選択した人は、53%であった。
・今後、学校で集団予防接種が無料で実施されたら、自分の子供に「受けさせたい」が79%。理由の1位は「無料だから(64%)」、2位は「病院に行かなくてよいから(53%)」。


↓↓↓↓↓
インフルエンザ予防のために、予防接種以外にどんな対策が講じられているのでしょうか
↓↓↓↓↓


《ヨーグルトで予防対策。でも、どの乳酸菌に効果があるか知っていますか?》

●予防接種を受けても受けなくても、それ以外の予防対策を講じている人が多数。
●食事による予防対策としては、ヨーグルトが人気。
●「どのヨーグルト・乳酸菌に効果が期待できるか知っている」人は、100人に4人の割合。

(データ)
・予防接種を受けなかった人のうち72%は、それ以外の何らかの予防対策を講じている。 予防接種を受けた人のうち92%は、さらに何らかの予防対策を講じている。
・予防対策のうち最も多かったのは、予防接種の有無に関わらず、1位「帰宅時のうがい・手洗い」、2位「マスクを着用する」であった。「食事に気をつける」は全体の23%。なかでも、トップは「ヨーグルト」(52%)であった。
・ヨーグルト・乳酸菌にインフルエンザ予防効果が期待できることを「聞いたことがある」「知っている」という人は58%。「どのヨーグルト・乳酸菌に効果が期待できるか知っている」人は4%であった。

@Press

トピックスRSS

ランキング