TOEFL(R)テスト開発元ETS公認トレーナーによる TOEFL iBT(R)指導者向け養成講座 12月13日(土)に大阪で無料開催

@Press / 2014年11月14日 14時0分

国際基準の英語運用能力テストであるTOEFL(R)テストを開発・運営する米国非営利教育団体Educational Testing Service(略称:ETS、本部:米国ニュージャージー州プリンストン)から1981年よりTOEFL(R)テスト日本事務局を委託された国際教育交流団体の国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部(所在地:東京都渋谷区、代表:大竹 和孝)は、英語教員、TOEFL iBT(R)指導者を対象とした養成講座をTOEFL(R)アライアンスと共催で2014年12月13日(土)に大阪で開催します。


■米国ETS公認のETS公認トレーナーが、TOEFL iBT(R)指導法をご紹介
ますます英語4技能テストの重要性が高まる中、その筆頭に挙げられることが多いTOEFL iBT(R)について、基本的情報(概要や特徴)やテストの有効性などをご紹介します。加えて問題作成の工程など普段あまり語られる機会が少ない情報についてもETS公認トレーナーよりお話いただきます。
これからTOEFL iBT(R)を指導される先生方をはじめ、既に指導をはじめておられる先生方にとっても、より深くTOEFL iBT(R)をご理解いただける内容となります。


■「TOEFL iBT(R)指導者向け養成講座」概要
日時  : 2014年12月13日(土) 15:00~17:30 (受付開始 14:30)
会場  : 國民會館 武藤記念ホール 小ホール
      http://www.kokuminkaikan.jp/access/index.html
対象  : TOEFL(R)アライアンスメンバー校教員及び個人会員、
      英語教員、TOEFL iBT(R)指導者
定員  : 40名
参加費 : 無料
講師  : ETS Authorized Propell Facilitator
      津田 信男(甲南大学)
内容  : ・TOEFL iBT(R)の概要・特徴・構成について
      ・Integrated Taskの意義
      ・問題作成の工程
      ・スピーキング・ライティングの採点方法や指導法
申込方法: 下記Webサイトより申込フォームに必要事項を入力し、
      送信してください。
      http://www.toefl-ibt.jp/alliance/event_1412/index.html
問合せ先: toeflibt@cieej.or.jp

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング