アシスト提供の「Oracle研修」サービスがOracle Database 12cに対応

@Press / 2014年11月12日 11時30分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供する、アシストオリジナルの「Oracle研修」サービスが、2015年1月からOracle Database 12cに対応します。

 アシストでは、取扱製品の販売、技術サポートで培った実績をもとに、経験豊富な講師陣による実践重視のオリジナル研修サービスを提供しています。中でもOracle Databaseに関する研修は最も歴史が長く、1987年から27年の提供実績を持っています。アシスト独自の知見やノウハウを盛り込んだオリジナルテキストを用いた研修は、「わかりやすい」と顧客企業からの評価も高く、毎年継続受講される企業も数多くあります。

 研修テキストや研修コースは随時顧客企業の声を反映してブラッシュアップを重ねており、2015年1月からの「Oracle研修」サービスは、最新バージョンであるOracle Database 12cの新機能に対応します。なお、バージョンに依存する機能についてはテキストの該当部分に対応バージョンを明記しているため、各社が利用するバージョンに応じた受講が可能です。

 アシストは、今後も実践性を重視した独自の研修を通じて、顧客企業が最新テクノロジーの学習ができるよう支援します。


■「Oracle研修」サービスについて

 Oracle入門 ※旧コース名称「Oracle概要」
  形式:講義
  日数:1日
  チケット:2枚 (*1)

 SQLトレーニング
  形式:実習
  日数:3日
  チケット:9枚 (*1)

 PL/SQLプログラミングI
  形式:実習
  日数:3日
  チケット:12枚 (*1)

 PL/SQLプログラミングII
  形式:実習
  日数:2日
  チケット:8枚 (*1)

 データベース・アーキテクチャ
  形式:講義
  日数:2日
  チケット:8枚 (*1)

 データベース・マネジメント
  形式:実習
  日数:3日
  チケット:12枚 (*1)

 バックアップ・リカバリ
  形式:実習
  日数:2日
  チケット:8枚 (*1)

 Recovery Manager入門
  形式:実習
  日数:1日
  チケット:4枚 (*1)

 SQLパフォーマンス・チューニング
  形式:実習
  日数:3日
  チケット:12枚 (*1)

 Oracleパフォーマンス・チューニング
  形式:実習
  日数:2日
  チケット:8枚 (*1)

@Press

トピックスRSS

ランキング