アプリのサポート業務を支援する『アプリヘルプ』無償プランを提供開始 ~開発工数をかけずにヘルプ機能をかんたん実装~

@Press / 2014年11月13日 11時45分

『アプリヘルプ』イメージ
アプリ事業者向けサポート業務支援サービス『アプリヘルプ』を提供する株式会社KSK(本社:東京都稲城市、代表取締役社長:河村 具美、JASDAQ:9687)は、フリープランの提供を11月13日(木)に開始しました。

『アプリヘルプ』フリープランのご紹介
http://www.applihelp.com/freeplan/


■FAQとメッセンジャー機能をアプリに無料導入
『アプリヘルプ』は、スマートフォン向けネイティブアプリに組み込んで「問い合わせ」機能を支援するサービスです。

機種情報を添付したアプリ内の問い合わせフォームとメッセンジャー機能による「1対1」のサポートコミュニケーションを実現するだけでなく、「FAQ(よくある質問とその回答)」を活用して「1対多」の効果で問い合わせ件数の軽減を図ることから、ユーザー満足とサポート業務の効率化を両立させることができます。

このたび、スタートアップ企業や個人開発者に気軽に使っていただけるよう、制限付きながらも無料で利用できるフリープランをリリースしました。


■無償版リリースの背景
大きな広告予算をかけられないスタートアップ企業や個人開発者がアプリをヒットさせるには、工夫と口コミが欠かせません。とくに継続利用を向上させるには、アプリユーザーの意見を取り入れた改善が重要です。

また、iOS 8やAndroid 5.0のようなOSアップデートがあった際に、トラブルや使い勝手の悪さをアプリ事業者に伝えたい機会は今後も出てきます。その際のコミュニケーション手段を充実させる必要があります。

予算の少ないスタートアップ企業や個人開発者が、開発工数をかけにくいリリース後の改善活動に目を向けられるよう、このたびフリープラン提供に至りました。


■フリープランについて
サービス利用料:無料
制限数    :1アプリ:1管理ユーザー
機能制限   :標準機能+FAQ項目3つまで
制限事項   :ダウンロード数が1万未満のアプリ
サポート   :Facebookグループ

※有償プランとの違いは「ご利用料金」ページをご覧ください。
http://www.applihelp.com/price/


【『アプリヘルプ』について】
『アプリヘルプ』は、スマートフォン向けネイティブアプリの問い合わせサポートを支援するサービスです。SDKを組み込むだけで手軽に利用できることが特徴です。メッセージツールとしてアプリ内で完結してやりとりができるため、メールアドレスを必要としません。FAQで自己解決を促し、機種情報で利用環境を特定し、プッシュ通知で問い合わせ者に返信を知らせるなど、メールでの問い合わせ対応よりもはるかに便利で効率的なサポート運営を実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング