カンボジアで農業を行う日系企業HUGS、途上国農業データ管理サービス「AGRIBUDDY」をリリース ~ 「次の50億人」に向けたITインフラサービスの構築 ~

@Press / 2014年11月17日 12時30分

ウェブイメージ画像1
 日系企業のカンボジア進出サポートや大規模なキャッサバ農場の運営などを行っているHUGS co.,ltd.(カンボジア法人、共同代表:北浦 健伍・黒川 治郎)は、世界で50億人以上と言われるまだスマートフォンを持たない「次の50億人(Next Five Billion)」のうち、大多数を占める発展途上国の農家向けに無料ウェブサービス「AGRIBUDDY(アグリバディ)」ベータ版のAndroid版アプリをGoogle Playから11月17日にリリースいたします。

「AGRIBUDDY」サイト  : http://agribuddy.com
「AGRIBUDDY」動画ページ: https://vimeo.com/112015930

 今回リリースのベータ版は、カンボジアとタイで1,000ダウンロードを見込んでおり、2015年度中に「次の50億人」の中から10万ユーザーの獲得を目指します。また、2014年11月18日には取締役の加藤 順彦が東京大学にて製品概要を発表いたします。


■「AGRIBUDDY」開発の背景
<流用が難しい、先進国と途上国の農業の違い>
 様々な事業にITが導入されていく中、農業のIT化はかなり立ち遅れています。近年シリコンバレーにようやく農業系スタートアップたちが誕生し、注目を集め始めました。ただ、あらゆる環境が整っている先進国と途上国では、人々の教育水準の低さやモラルの違いによる仕事の不正確さなど、前提条件が違いすぎるため、先進国の農業系サービスには無い機能が途上国では求められます。

<途上国における農作業の可視化が課題>
 途上国では、一部の農家が既存のGPS測定器を500ドル(5万円)程度で購入し、農作業を行った領域の面積を測定して労働者への賃金の支払いや、作業請負業者への支払いなどを行っています。
 しかし、GPS測定器を持たない場合、目分量での計測となり、賃金の支払いなどに関して争いが絶えません。またGPS測定器のデータ管理は、ある程度のITリテラシーが求められるため、計測したデータが全く蓄積されず、使い捨てになっているのが現状です。

 当社では1,000ヘクタールのキャッサバ農場を運営した経験から、途上国農業のIT化がこれからの時代に必要だと考え、代表的な発展途上国カンボジアにて農業を行いながら先進国レベルのウェブサービス構築を行っています。上記のような現状に対応するべく、「AGRIBUDDY」をリリースいたしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング