38カ国・地域から約220名が参加予定日本初!国連による「模擬国連ワークショップ」を開催

@Press / 2014年11月13日 14時0分

 明治大学は国連と共催で、日本で初めてとなる「模擬国連ワークショップ(MUN Workshop in Tokyo Japan)」を、11月22日(土)~24日(祝・月)に駿河台キャンパスで開催します。

 明治大学は、文部科学省に採択された立教大学・国際大学と展開する「国際協力人材育成プログラム」の中で、模擬国連を授業科目として設置するなど、学生の「模擬国連」に関する活動をサポートしてきました。その取り組みの一環として、今回、日本で初めてとなる「模擬国連ワークショップ」を国連と共催で開催します。現在38カ国・地域から約220名の参加が予定されています。

 このワークショップは、参加者が世界各国の代表者を演じ、実際の国際会議で取り上げられている諸問題について議論し解決策を探る「模擬国連」を、より実際の国連会議に近い形で効果的に運営していくために、国連が参加者に国連総会と安保理のシミュレーションを行う機会を提供するものです。参加者は、国連総会と安保理の手続規則、討論と決議採決、国連事務局や総会担当者の義務や責任、非公式会合、コンセンサス形成等について理解を深めることができます。

【模擬国連ワークショップ「MUN Workshop in Tokyo Japan」】
日程: 11月22日(土)~24日(祝・月)
場所: 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン ビクトリーフロア(東京都千代田区神田駿河台1ー1)
対象: 模擬国連に参加経験のある国内外の大学生および模擬国連を指導する教員  
詳細: 国連広報局ホームページ  http://outreach.un.org/mun/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング