映画制作市場向け、高解像度DCI 4Kに対応した31.1型液晶モニターを発売

@Press / 2014年11月18日 15時0分

ColorEdge CG318-4K
1.概要
EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、31.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ) CG318-4K」を2015年3月20日に発売します。価格はオープン価格です(※1)。

ColorEdge CG318-4K(以下 CG318-4K)は、4096×2160解像度に対応する、TV放送や映画などの映像制作市場向け31.1型液晶モニターです。

映画やTV放送の現場では、4K解像度での作品作りが進んでいますが、CG318-4Kは、米国のデジタルシネマ規格(DCI規格(※2))に準拠する4096×2160解像度に対応。31.1型の大画面と相まって、4K映像の制作業務から確認業務までを効率よく行うことが可能です。

また、CG318-4Kは、デジタルシネマ向け色域「DCI-P3」を98%もカバーする広色域を持ち、さらにDCI規格に準拠した高コントラスト比1500:1(※3)表示を実現。作品の仕上がりの色味に近い正確な色と、引き締まった黒色を表現できます。

加えて、厳密な色管理を行うための各種機能を網羅。キャリブレーションセンサーを内蔵し、規格や基準となるデバイスに合わせて高精度な表示調整を行え、その後の色管理は内蔵のセンサーが自動で実施するほか、大画面の表示均一性を保つ独自回路の搭載や、電源を入れてから過去最短のわずか3分(※4)で輝度・色度・階調特性が安定するなど、ユーザーが画面表示品位を信頼して制作に取り組むことができるように、最新の機能を盛り込んでいます。

CG318-4Kの高解像度高密度表示は、映像制作のみならず、近年、高画素化が進むデジタルフォト市場や新聞印刷市場にも有用です。


当社は、CG318-4Kの発売を通し、従来のユーザーである印刷・フォト市場のみならず、映像制作市場でもプレゼンスを確立し、広くグラフィックス市場ユーザーの創造性を支える提案を行っていきます。

2014年11月19日から幕張メッセで開催される国際放送機器展Inter BEEの当社ブースにおいて、CG318-4Kをいち早く展示します。【EIZOブース HALL4 小間No.4304】

※1 オープン価格の商品は標準価格を定めていません。【参考価格】EIZOダイレクト販売価格 540,000円(税込)
※2 米国の映画制作会社で構成される業界団体Digital Cinema Initiatives(DCI)で定められたデジタルシネマ規格。
※3 標準値(DUE Priority:Brightness選択時)。保証値ではありません。
※4 2014年11月現在までのEIZO製品において、過去最短。当社測定条件による。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング