METAPHYSと森田アルミ工業が共同開発したデスクパーティション「patis(パティス)」に新カラー登場、2015年ドイツ・デザイン賞ノミネート

@Press / 2014年11月17日 10時0分

受賞ロゴ付き メイン画像
森田アルミ工業株式会社(所在地:大阪府阪南市、代表取締役社長:森田 和信)は、世界的な工業デザイナーとして知られる村田 智明氏が主催するデザインブランド「METAPHYS(メタフィス)」と共同開発したデスクパーティション「patis(パティス)」に、新たな3色(アッシュホワイト・ブルーグリーン・ダークブラウン)が加わり、グレーとあわせて4色展開となりました。今までよりも多種多様なオフィス空間に対応でき、多彩な空間演出が可能となります。また、2012年アジアデザイン賞受賞・2013年レッド・ドット・デザイン賞受賞に続き、ドイツ連邦経済技術省が設立した世界的に権威あるドイツ・デザイン賞にノミネートされ、革新的な素材・デザインにおいて日本のみならず世界的な評価を受けています。


■デスクパーティション「patis(パティス)」について
【オフィス環境でのメンタル向上を考えたスタンド型デスクパーティション】
独立式のデスク用パーティションにより、一人ひとりに快適なパーソナルスペースをつくることができます。また、繰り返し使用が可能な粘着シートで固定するタイプなので、難しい組み立てが必要なくレイアウトを自由自在に変更できます。フリーアドレス型のオフィスなどで、集中とコミュニケーションがバランスよく調和した、快適な環境をつくるのに最適な製品です。


■開発背景
【「falce(ファルス)」に続くオフィス製品】
森田アルミ工業とメタフィスの、協同開発のひとつに、フロア型システムパーティション「falce」(2005年グッドデザイン中小企業庁長官賞)があります。今回、森田アルミのオフィス製品のカテゴリ充実と、フロアパーティションに続くオフィス製品として、始まった共同開発。falceで実現させた、自由なレイアウト、素材のイノベーション等のデザインコンセプトを引き継ぎ、より革新的な素材・工法を用いることで独特で高い質感を実現し、オフィス環境に多彩な表情を表現することが可能となりました。


■製品特長
(1)【シンプルなデザインと上質な素材感】
硬質発泡材パネルにパイルコーティングを施した優しい素材感と、シャープなアルミベースが、デスク周辺の上質なコーディネイトを可能にします。また、パネルには付箋を貼ることもできるので、デスクでの作業も快適に行えます。

(2)【レイアウト変更自在】
置くだけで簡単に設置でき、取り外しも容易。繰り返し使用できる粘着シートで固定するので、設置するデスクの種類を選ぶことなく、またデスクの形状にとらわれることなく自由自在にレイアウト変更することが可能です。個室ブースとして利用していた空間をミーティングスペースに変更したり、「patis」を移動させるだけで様々な使い方ができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング