エイチアイのUI開発環境「UIコンダクター」がマツダ社のHMI先行開発環境に採用

@Press / 2014年11月18日 15時0分

UIコンダクター フロー図
株式会社エイチアイ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川端 一生、以下、エイチアイ)は、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡、代表取締役社長兼CEO:小飼 雅道、以下、マツダ)のHMI先行開発環境において、組込み機器向けUI開発環境「UIコンダクター(exbeans(R) UI Conductor)、以下、UIコンダクター」が採用されたことを発表いたします。

<UIコンダクター導入後のフロー例>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53807/img_53807_1.jpg


UIコンダクターは、オーサリングツールで作成したデータをそのままランタイム(ミドルウェア)上で動作できるため、先行開発におけるUI/UXイメージをそのまま実環境で再現することが可能です。
ビジュアルデザインはもちろん、インタラクション、アニメーション、画面遷移、素材リソース管理、多言語切り替えなどUXを構成する重要なUI要素をドラッグ&ドロップなどの直感的な操作で作成することができ、そのままオーサリングツール上ですぐにプレビュー確認・修正をすることが可能です。

加えて複数の言語、複数のデバイスに対応したUIを最小限の作業で作成できる機能や、仕様変更、デザイン変更が簡単に行える機能など、開発プロセスを効率化する機能が多数備わっております。
また、UIコンダクターは最新のプラグインアーキテクチャを採用しているため、外部モジュールへの拡張プラグインを容易に開発することができます。この拡張プラグインでは、CANや各種センサー情報、カメラ情報の取込み機能などを開発することでオーサリングツール上での連携確認を通じた迅速な開発を実現することができ、独自のUI開発プラットフォームとして効率のよい開発環境にカスタマイズすることが可能となっております。

UIコンダクターを通じて制作された先行開発のデータは、専用ビューアアプリケーションを通じて共有可能な『動く仕様書』として受け渡すことができるため、HMIのユーザー体験をそのまま量産開発に反映させていくことが可能となります。

<当社の先行開発環境でできること>
http://www.atpress.ne.jp/releases/53807/img_53807_2.jpg


エイチアイは、UI/UXの向上を目指すお客さまの開発をサポート、かつUI/UX開発の効率化に貢献するべく、今後も製品開発を進めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング