ネオス、Fitbit社と戦略的提携で合意

@Press / 2014年11月17日 12時30分

『Fitbit Flex』
モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田昌史 以下ネオス)は、米国Fitbit Inc.(本社:カリフォルニア州サンフランシスコ、CEO:ジェームス・パーク、以下Fitbit社)と日本における戦略的なビジネスパートナーシップを結ぶことについて合意いたしました。
 本提携を通じ、北米ワイヤレス活動量計市場の67%(2013年通期)のシェアを持つFitbit社と、長年ヘルスケア分野でのサービスを手掛けてきた当社の連携を強め、まずは国内のヘルスケア市場に向けて両社のシナジーを生み出す、以下の施策を進めてまいります。また、将来的には海外市場での展開を視野に、パートナーシップを推進いたします。

■ワイヤレス活動量計『Fitbit Flex』の取り扱いを開始
 当社は、ワイヤレス活動量計『Fitbit Flex』の取り扱いを開始いたします。販売はECサイト『Karada Manager Shopping』より行ない、先行予約キャンペーンを実施。キャンペーン中の購入特典として、50人にひとりの割合で購入代金全額のキャッシュバックを行なうほか、購入者全員に特別編集されたFitbit×RenoBody×Karada Manager活用スタイルブック(小冊子)をプレゼント。さらにFitbit Flex標準モデルのネイビーに加え、オプションのカラーバンドをひとつ無料で同梱いたします。

■Fitbit公式アプリに日本語食事データベースを提供
Fitbit公式アプリに対し、当社の日本語食事データベースを提供。これまで、日本語にローカライズされたFitbit公式アプリは、食事記録に用いるデータベースが米国仕様であったため、国内のFitbitユーザーから日本語メニューの登録を望む多くの要望がありました。当社の日本語食事データベースの活用により、10万件以上の日本版登録メニューから食事を記録していただけるようになりました。

■『RenoBody』×Fitbit連携
 当社よりリリースしております、ボディメイクサポートアプリ『RenoBody』は、Fitbitとのデータ連携に対応しています。Fitbitアカウントと連携設定することで、お手持ちのFitbit各モデルの計測データを『RenoBody』で管理でき、理想のボディメイクを実現するためのアドバイスやサポートが受けられます。なお、『RenoBody』は、auスマートパス、Apple Store、Google Playにてご利用いただけます。

@Press

トピックスRSS

ランキング