工学院大学、中高大 学園一斉・地震防災訓練を11月27日に実施[防災キオスク]フロアサイネージ型の活用実験を同時実施

@Press / 2014年11月21日 10時0分

[防災キオスク]フロアサイネージ型を利用した訓練イメージ
学校法人 工学院大学(所在地:東京都新宿区、理事長:高田 貢)は、首都直下型地震 震度6強が発生した場合を想定した防災訓練を、2014年11月27日(木)に実施します。
訓練は、新宿キャンパス、附属中学高校含む八王子キャンパスの学園全体で同時に行い、災害時におこりうる火災・ケガ人などの発生を取り入れた、発災対応型の訓練です。


【[防災キオスク]フロアサイネージ型の活用実験を実施】
今回の防災訓練では、[防災キオスク]フロアサイネージ型とタブレットを使い、災害時に必要な情報や各フロアの被災状況、負傷者のヘルプ発信、応急手当の方法を、行き来が困難になった建物内で双方向で共有できるシステムを実施します。

このシステムは東日本大震災時に情報が手に入らないことによる混乱が起きたことを踏まえて、地域の情報を共有するために中島 裕輔准教授(建築学部まちづくり学科)らが開発した[防災キオスク]の、高層ビルという狭いエリア版。災害時、分断されがちな他フロアの被災状況や、負傷し助けをもとめる人の存在を共有することもできます。

停電時でも学内ネットワークを使用し、災害本部・保健室とタブレットをつなぐことができるため、情報の共有により、人手が必要なポイントに適切な助けを届けることが可能です。担架・応急処置道具の場所を表示したり、応急手当を保健室等から遠隔で指示したりすることによって、応急手当の知識や経験がなくてもけが人の処置が可能になります。このシステムの構築により自助・共助の効率よい実現をめざしていきます。

[防災キオスク]フロアサイネージ型活用実験では、各フロアに2台セットで設置(今回は建築学部フロア24-26階のみ)し、緊急地震速報・待機指示・避難指示、避難経路と避難場所を表示する一方、タッチパネル操作により負傷者情報や二次災害、建物の損傷度合いなど現場からの情報を発信して、双方向の情報共有による素早い対応が期待できます。


【平常時は情報発信のステーションとして稼働】
[防災キオスク]フロアサイネージ型は、[防災キオスク]と同様、平常時はイベント情報や大学周辺の天気情報など、お役立ち情報の発信ステーションになります。これにより、[防災キオスク]フロアサイネージ型の存在を意識させ、災害時に「情報はここで得られる」と認識を持つことができます。


【学生が構築した災害ネットワークシステムの今後】
本システムは中島研究室の学生たちが構築しており、今回防災訓練での活用実験での結果を踏まえ、いずれは各フロアに設置。災害時に備えたいとしています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング