【雪印メグミルク】《第37回 日本分子生物学会年会》における研究発表

@Press / 2014年11月20日 15時0分

雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中野 吉晴)は、コーポレートスローガン「未来は、ミルクの中にある。」に基づき、「おいしさ」と「健康」を追求するための研究を行っております。

これらの研究で得られた乳酸菌の健康機能に関する新たな知見について、11月25日(火)より神奈川県横浜市で開催される《 第37回 日本分子生物学会年会》において下記のとおり研究発表いたします。


◆研究発表概要
1.演題名:線虫で寿命延長効果を示すLactobacillus gasseri SBT2055の作用因子の探索
発表者:○小畠英史1、中川久子2、細谷知広1、守屋智博1、酒井史彦1、宮崎忠昭2  ※○は演者
1. 雪印メグミルク株式会社 ミルクサイエンス研究所
2. 北海道大学遺伝子病制御研究所 プロバイオティクス・イムノロジー研究部門
発表日:11月25日(火)13:48~14:03(口頭発表)16:15~19:15(ポスター発表)

2.演題名:Lactobacillus helveticus SBT2171によるJNKシグナルを介した免疫細胞の増殖抑制およびサイトカイン産生抑制
発表者:○細谷知広1、山下舞亜1、酒井史彦1、浮辺健1、上西寛司1、守屋智博1、門岡幸男1、
中川久子2、宮崎忠昭2 ※○は演者
1. 雪印メグミルク株式会社 ミルクサイエンス研究所
2.北海道大学遺伝子病制御研究所 プロバイオティクス・イムノロジー研究部門
発表日:11月25日(火)16:15~19:15(ポスター発表)

3.演題名:Lactobacillus helveticus SBT2171投与によるコラーゲン誘導性関節炎の緩和効果
発表者:○山下舞亜1、酒井史彦1、守屋智博1、細谷知広1、中川久子2、宮崎忠昭2  ※○は演者
1. 雪印メグミルク株式会社 ミルクサイエンス研究所
2.北海道大学遺伝子病制御研究所 プロバイオティクス・イムノロジー研究部門
発表日:11月25日(火)16:15~19:15(ポスター発表)


◆研究発表内容の要約

1.線虫で寿命延長効果を示すLactobacillus gasseri SBT2055の作用因子の探索

これまでに当社では、当社保有の乳酸菌Lactobacillus gasseri SBT2055(ガセリ菌SP株)を線虫※1に投与することで、寿命を延長させる効果があることを明らかにしました。今回は、その作用メカニズムを明らかにするために、ガセリ菌SP株投与による線虫の酸化ストレス※2関連遺伝子の発現変化およびミトコンドリア※3機能の制御について解析しました。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング