今、バスタイムはこう使う! 入浴剤は炭酸ガス&アロマのW効果が新常識

@Press / 2014年11月19日 18時0分

表1
 株式会社プラネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:田上 正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする「From プラネット」の第三弾として、入浴と入浴剤に関する意識調査の結果をご紹介します。


■40代以上は、“入浴中は湯船につかる”が日常的
 寒さが本格化するこれからの季節、お風呂に入る時は湯船につかって体の芯から温まりたいものです。そこで、入浴についての意識調査を実施しました。「ほぼ毎日入浴している」人(シャワーも含む)は80.8%でした。うち、「ほぼ毎日湯船につかる」人は51.1%と半数以上、2日に1度など、少なくても週1回以上湯船につかるという人は79.2%という結果になりました。
 また、性年代別で湯船につかる頻度を見てみると、40代以上の女性と、50代・60代の男性は半数以上の割合で、ほぼ毎日湯船でのバスタイムを楽しんでいるという回答を得ました。(表1)

表1:性年代別の湯船につかる頻度
http://www.atpress.ne.jp/releases/53985/img_53985_1.png


出典:インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ『DIMSDRIVE』が実施したアンケート「入浴剤」。調査期間:2014年9月8日~9月19日、DIMSDRIVEモニター6,315人が回答。表2~表4、表6の出典も同アンケートです。


■入浴剤を使いたい時は“寒い日”や“リラックスしたい時”
 さらに、入浴タイムを楽しくするアイテム、入浴剤への意識を調査。
 まずは、入浴剤を利用する頻度について聞きました。「湯船につかる度に使用する」人が51.7%という結果に。「2~3回に1回は使う」という人を含めると、約8割の人が頻繁に入浴剤を利用していることになります。(表2)
 また、「どんな日に入浴剤を使いますか?」との質問には「寒い日に使う」と回答した人が半数近くを占めました。次いで、「疲れている日」、「リラックスしたい日」など、入浴で心身の疲労を癒したい人が多いことが、この結果から分かりました。(表3)

表2:「市販の入浴剤を使う頻度」の回答
http://www.atpress.ne.jp/releases/53985/img_53985_2.png

表3:「入浴剤はどんな日に使いますか?」の回答
http://www.atpress.ne.jp/releases/53985/img_53985_3.png
※上位6位までを掲載しております。

@Press

トピックスRSS

ランキング