「食べる展覧会 東京」での京北産野菜の使用とPRについて

@Press / 2014年11月19日 11時0分

この度,京北の魅力発信ボランティアKKB48(京北活性化部長)の東京在住メンバーによる熱心なPR活動により,東京の料理人の研修展覧会「食べる展覧会 東京」で初めて京北産野菜を使った懐石料理が展示されることとなりましたので,下記のとおりお知らせします。
 今後も,「食べる展示会 東京」を契機に,京北産野菜の流通・販売促進に努めていきます。
 
                      記

1 名 称  「食べる展覧会 東京」~現代日本料理技能向上展~
       ※東京の料理人の研修展覧会

2 開催日  平成26年11月23日(日) 午前10時~午後1時

3 会 場  キッコーマン株式会社東京本社1Fホール

4 内 容  10:00 開会行事
       10:30 展示作品・料理説明(京北や京都産の野菜を使った懐石料理)
           ○招待出展 武田純一氏(京都府日本料理技能士会)
           ○出展 松本昇氏(永朋舎),笹川祐司氏(上又庖技会)
               坂口繁氏(協和会)
       13:00 閉会
       ※会場内に京北産野菜のPRコーナーが設置されます

5 参加者  一般来場者,料理・食品関係者,報道関係者等 約150人程度

6 使用野菜 京北子宝いも(新京野菜),みずき菜(新京野菜),聖護院かぶら(京野菜),
       海老芋(京野菜) ※すべて右京区京北産

7 主 催  一般社団法人 東京都日本料理技能士会

8 協 力  京都大学生ベンチャー企業株式会社キシュウ
代表者:前木秀光 京都大学4回生

9 参 考  KKB48(京北活性化部長)は,京北の魅力を発信するボランティア48人

* 当発表については,11月19日付で,京都市政記者クラブでも配布しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング