第2回 「花贈り」に関する意識調査 いい夫婦の日(11月22日)には4人に1人が「妻に花を贈りたい」と回答 男性の“花贈り心理”にも変化の兆し!

@Press / 2014年11月20日 12時0分

いい夫婦の日に夫が妻にしてあげたいこと
一般社団法人 花の国日本協議会(所在地:東京都中央区、代表:井上 英明)は、全国20代~50代の男女1,000名を対象に「花贈り」に関する意識調査(インターネット、期間:2014年10月)を実施いたしました。


■調査結果概要
男性の花贈りを啓発する「フラワーバレンタイン」の普及に向け、昨年からスタートした意識調査<花と恋愛の相関図>は今回、11月22日の“いい夫婦の日”にちなみ、夫婦間における相手への気持ちを何で表したいか、等を調査しました。そこで明らかになったのは、夫は妻に「外食」や「旅行」、「スイーツ」や「お花」など、時間や思い出を共有したり、形に残らないものをプレゼントしたい、という思いでした。一方、妻も「愛や感謝の言葉」をプレゼントしたいという回答が最も多く、次いで「外食」と続き、“いい夫婦の日”の理想的な過ごし方は夫婦間に大きなズレはないことも分かりました。
また、女性は花を贈る男性を「素敵」だと思い、花をもらうと「うれしい」「相手を見直す」という感情を抱くことも昨年同様の結果となった中、男性が花を贈る時の気持ちに、今年は変化の兆しが見られています。「恥ずかしい・照れくさい」が昨年より減少、「楽しい・わくわくする」が昨年より増加したことは、花贈りシーンに抱くイメージがポジティブに変化していると見てよさそうです。


■主な調査結果
(1) “いい夫婦の日”は、45%の夫は妻に「外食」を、4人に1人は「スイーツ」「お花」のプレゼント
いい夫婦の日に、夫の45%が妻に「外食」を贈りたい気持ちがあることが分かりました。次いで32%が「旅行」となり、妻と同じ時間を共有したいという思いが表れた結果となっています。また4人に1人以上が、「スイーツ」、「お花」のプレゼントをしたい、と思っていることも分かりました。妻への感謝などの気持ちを、スイーツやお花といった“アイテム”に乗せて伝えたい、という思いがあることが明らかになりました。

(2) 妻の43%は夫に「愛や感謝の言葉」を伝えたい
一方で、妻の43%は、夫に「愛や感謝の言葉」を伝えたいと回答、圧倒的なポイントで1位となりました。スイーツやお花のプレゼントをしたいと答えた妻は、夫と比べると少ない結果です。女性は言葉を使って思いを伝えることが、男性と比較するとスムーズにできる、ということも見て取れます。男女の日頃のコミュニケーション方法の違いが明らかになった結果ともいえます。
※ここまでの調査結果は、既婚男性247人、既婚女性270人の回答を元に記載しております。

@Press

トピックスRSS

ランキング