カナダ・オンタリオ州、高校生対象の「Youth Entrepreneur, Make Your Pitch」を開催

@Press / 2014年11月20日 11時0分

Make Your Pitch 授賞式
カナダ・オンタリオ州政府は「青年雇用戦略(Youth Jobs Strategy)」*1の一環として、若者の起業育成・支援、雇用創出を目的とする「Youth Entrepreneur, Make Your Pitch」というビジネス・アイデア・コンテストを開催します。

同コンテストでは、高校生たちが自分のビジネス・アイデアを2分のビデオにまとめて公式ホームページに投稿し、一般市民によるオンライン投票や審査員の採点によって、20名の決勝進出者が選ばれます。ファイナリストたちは、来年4月にトロントで開催される決勝において、若手起業家や経験豊富なビジネスコンサルタントからなる審査員団に対してプレゼンテーションを行い、最終的に6名の優勝者が選出されます。

それぞれの優勝者には、3,000カナダドル(約30万9千円)の起業資金が支給され、オンタリオ州のビジネスリーダーからビジネスを立ち上げるための実践的な指導や経営のメンタリングが受けられるサマー・カンパニー(Summer Company)*2というプログラムに参加することができます。昨年のコンテストでは、プールの管理サービスから音声認識ソフトウェアまで幅広いビジネス・アイデアが123件もエントリーされました。

オンタリオ州は景気後退の影響を受け、2009年6月に失業率が9.4%まで上昇しました。この状況を打破するため、同州政府は強力な経済計画に取組み、中でも次世代の人材育成に力を入れています。昨年10月に打ち出された「青年雇用戦略」では、2年間にわたり2億9,500万カナダドル(約303億8,500万円)を投資し、企業や教育機関と綿密に連携して3万の雇用創出や若者の起業・イノベーションを促進していくことを目指しています。この戦略によりすでに2万人以上の雇用機会が創出され、失業率も今年10月には6.5%まで回復しました。

コメント
「オンタリオ州には勤勉であると共に、イノベーション精神に溢れる若者がたくさんいます。このビジネス・アイデア・コンテストは、彼らの起業精神やアイデアを世間に紹介すると同時に、創造的かつ革新的なビジネス環境の育成を目指しています。若者にビジネススキルを教えることは、彼らが将来を築くための助けになります。結果、彼らは更なる雇用を創出し、オンタリオ州がグローバル経済で競争していくための原動力となると期待しています」。  ―ブラッド・デュグイッド(Brad Duguid)、オンタリオ州政府経済開発省大臣

@Press

トピックスRSS

ランキング