のれん、CMS製品「NOREN」のAPI開発用オプション・ライセンス「NOREN WebService Subscription」を提供開始~APIを用いた連携プログラムの開発で実績あるメガ・トレード社と共同で、NORENの導入企業向けサポート体制を提供~

@Press / 2014年11月20日 11時30分

 アシストグループの株式会社のれん(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝田 誠、以下のれん)は、取扱製品であるCMS製品「NOREN Content Server」(以下NOREN)と企業内システムとの連携を実現するAPIモジュールならびに関連サポートを組み合わせた「NOREN Content Server WebService Subscription(以下NOREN WebService Subscription)」の提供を11月20日付けで導入企業向けに開始することを発表します。これに合わせて、NOREN認定パートナーである株式会社メガ・トレード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川村 知義、以下メガ・トレード社)は本APIの実装支援などを請け負う「NOREN Content Server WebService Subscription Advanced Support(以下 NOREN API Advanced Support)」の提供を開始します。

 これまでNORENにおけるAPI開発は、「NOREN WebService Plus」というライセンスを保持するNOREN認定パートナーが導入企業のニーズに合わせて個別に対応してきましたが、昨今導入企業から「企業内のシステムとWebサイトを社内で迅速かつ柔軟に連携したい」というニーズが高くなってきたことを受け、このたびAPIおよびAPI利用に関する支援サービス(ドキュメント類およびサポート窓口の提供)を含めた「NOREN WebService Subscription」を導入企業向けに提供することになりました。

 「NOREN WebService Subscription」を利用することにより、導入企業は自ら自社システムとの連携プログラムを開発することが可能になり、NORENを用いたWebサイト制作において、より自社のユーザニーズに応じた情報提供を柔軟かつタイムリーに実施できるようになります。例えば、基幹システムが保持する商品情報を直接NORENのリポジトリへ取り込むことで、商品情報を手作業で登録する場合と比較して、飛躍的に運用効率と情報の精度、コンテンツ反映のリアルタイム性などを高めることが可能になります。

 また、「NOREN WebService Subscription」の提供開始に合わせて、「NOREN WebService Plus」ライセンスを保持するNOREN認定パートナーのメガ・トレード社が「NOREN API Advanced Support」を提供開始します。

@Press

トピックスRSS

ランキング