12月14日に行われる、史上初の異種バイクレース「オーバルスーパーバトル IN 川口2014」に、チュートリアル 福田充徳さんの特別参戦が決定!

@Press / 2014年11月27日 10時30分

決戦の舞台、川口オートレース場
公益財団法人JKAは、2014年12月14日(日)に川口オートレース場で行われる、異種二輪競技混合のエキシビションレース「オーバルスーパーバトル IN 川口2014」に、お笑い界きってのロードレース好きでロードレースマシンも乗りこなす、チュートリアルの福田充徳さんの参戦が決定したことをお知らせいたします。

「オーバルスーパーバトル IN 川口2014」
http://autorace.jp/news/2014/1125_superbattle/index.html
オートレースオフィシャルサイト
http://autorace.jp


今回のレースは既報の通り、1周500mのオーバルコースを舞台に、8名の現役ロードレーサーと、かつてロードレーサーで現在はオートレースで活躍している3名が、エキシビションレースで対決するというものです。オートレースが採用している距離ハンデ制により、「GP2レーサー VS オートレーサー」、「JSBレーサー VS オートレーサー」の2レースを実施します。オートレーサーのマシンは、KTM製DUKE390を使用し、ロードレーサーは、全日本ロードレースに参戦しているマシン(JSB、GP2)を使用。福田さんはKTMのマシンでGP2レーサー VS オートレーサーのレースに特別参戦します。
オートレースからは、元世界GP125cc 2年連続チャンピオンの青木治親、元GP250日本チャンピオンの青山周平、元全日本ロードレースJSBクラスチャンピオンの渡辺篤の3名。一方ロードレースからは、JSBクラス、GP2クラスのそれぞれ今年度ランク10位以内のトップレーサー8名が参戦します。オーバルコースに長けたオートレーサーが勝つか、現役ロードレーサーが勝つか、史上初のバトルを川口オートレース場でご観戦いただけます。
さらに当日は、レーシングカート最速のスーパーカートによるエキシビションレースも予定されているほか、オートレースの模擬レースも実施します。各界トップレーサー達によるオーバルコースのスピードバトルにご期待ください。


■オーバルスーパーバトル IN 川口2104 開催概要
期日 :2014年12月14日(日)
会場 :川口オートレース場
    (電車・バス)JR京浜東北線 西川口駅東口より無料バス
    (車・バイク)首都高速川口線「加賀インター」より約15分
    (無料駐車場あり)
入場料:無料

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング