日本テレビ系列25局共同実施「子育て応援団d感染症NEWS」 インフルエンザなどの感染症やその予防法を12月1日からデータ放送で発信

@Press / 2014年11月27日 10時0分

データ放送「子育て応援団d感染症NEWS」表示イメージ
 広島テレビ放送株式会社(本社:広島市中区、代表取締役社長:三山 秀昭、以下 広島テレビ)は、2014年12月1日から翌年3月下旬まで、日本テレビ系列24局と共同でデータ放送「子育て応援団d感染症NEWS」を放送します。話題となっているエボラ出血熱やデング熱等の感染症に対する意識の高まりから、実施するテレビ局が、昨年の20局から25局に拡大しました。


■実施内容
 3年目の2014年は、広島テレビが運営する「感染症・予防接種ナビ」から25局のデータ放送に情報を送ります。
 内容は、いま流行している感染症の概要や予防法、インフルエンザの患者数を集計日の翌朝8:00頃に市町村毎に表示します。その他、子育て応援団モバイルサイトに寄せられた感染症の経験談をみんなの声として流します(インターネットに繋がっているテレビで閲覧可能)。新型インフルエンザ等のパンデミック(※)が発生した際は、内閣官房 新型インフルエンザ等対策室の情報を発信します。この情報は、「子育て応援団モバイルサイト(テレビ局28局連携)」でも見ることができます。

※パンデミックとは、新型インフルエンザ等の感染症が世界的に大流行することです。

http://www.kosodateouendan.jp/j/jump.php?sid=S002000


実施目的:子どもの感染症対策、予防接種率向上
     市町村レベルでのきめ細やかな情報発信
     視聴者が知りたい情報をいつでも簡単に見られる環境づくり
実施期間:2014年12月1日(月)~2015年3月下旬 予定
実施媒体:データ放送及び、パソコンサイト(iPad)、
     スマートフォンサイト(Android、iPhone)、携帯サイト
制作協力:読売テレビ、NNSデータ放送配信センター

<データ放送実施局>
※対象:25局・35府県(北から表示)
青森放送、テレビ岩手、宮城テレビ(試験運用)、秋田放送、山形放送、福島中央テレビ、テレビ信州、静岡第一テレビ、中京テレビ、北日本放送、テレビ金沢、福井放送、読売テレビ、日本海テレビ、広島テレビ、山口放送、西日本放送、四国放送、南海放送、高知放送、福岡放送、長崎国際テレビ、熊本県民テレビ、テレビ大分(日テレ系OA時のみ)、鹿児島読売テレビ


 広島テレビは、今後もより一層子育て支援を充実し、安心して子育てできる環境づくりをサポートしてまいります。


■会社概要
商号  : 広島テレビ放送株式会社
代表者 : 代表取締役社長 三山 秀昭
所在地 : 〒730-8575 広島県広島市中区中町6-6
事業内容: 電気通信業(テレビ放送)
URL   : http://www.htv.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

子育て応援団モバイルサイト アクセスQRコード

@Press

トピックスRSS

ランキング