新宿溝口クリニックが、「カウンセリングルームReengagment」と提携 医師によるカンセリング処方『指示箋システム』の提供を開始

@Press / 2014年11月26日 11時0分

指示箋システム
新宿溝口クリニック( http://www.shinjuku-clinic.jp/ )はこの度、うつ病など精神疾患(精神障害)を患っても仕事を継続するための支援を提供し、また治療困難なトラウマを抱える方、パーソナリティー障害の方にも対応すべく、「カウンセリングルームReengagement」(所在地:新宿区 http://reengagement.org/counselingroom/ )と提携いたします。


現在、うつ病など精神疾患(精神障害)は蔓延し、また再発を繰り返すことで、仕事を継続できなくなる方が増加しています。
日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。(厚生労働省が実施している患者調査)
こういった実態から、うつ病など精神疾患(精神障害)にならないようにするのはもちろん、なってしまったとしても仕事を続けるための仕組みが必要とされてきています。
そこでこの度、新宿溝口クリニックでは、今までの身体の根本的な治療「栄養療法※1」を用いた治療だけでなく、心の根本的な治療を行うことが出来る、「カウンセリングルームReengagement」と提携し、最適な治療環境を用意することといたしました。

提携先である「カウンセリングルームReengagement」は、独自の『指示箋システム※2』を持ち、精神疾患(精神障害)の治療を行う上で、適切に構造化された形でのカウンセリングを提供できる数少ないカウンセリングルームである。
また母体がリワークを提供するリエンゲージメントであることから、仕事を継続するための仕組みを活かした、心理カウンセリングとリワークを融合した『ワーキングケアカウンセリング』を提供できる唯一のカウンセリングルーム。


※1 栄養療法(オーソモレキュラー療法:orthomolecular medicine)とは
血液検査を行うことで、人それぞれの体内栄養状態を分析、その人に合った食事指導、サプリメントの処方を行うことで、根本的な治療を行うという画期的な治療方法。
1960年代にカナダの医師 エイブラハム・ホッファー博士(1917年~2009年。カナダ サスカチワン出身。分子整合栄養医学のパイオニア)が、至適量の栄養摂取の手法を精神疾患治療に応用し、その後、ライナス・ポーリング博士(1901年~1994年。米国オレゴン州出身。1954年ノーベル化学賞、1962年ノーベル平和賞受賞)が、ホッファーの臨床結果を理論的に検証し、確立した療法です。
日本国内においては、2002年に栄養療法(オーソモレキュラー療法)を専門とする日本で初めてのクリニックとして新宿溝口クリニックが誕生し、現在、当クリニックでは7,500人がこの療法を実践しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング