日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」【首都圏編】 ブランド力トップに慶應義塾大学、第2位東京大学、第3位早稲田大学 上昇率では、慶應義塾大学、東京工業大学、津田塾大学がトップ3

@Press / 2014年11月28日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で8年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」の結果をまとめ、11月28日に調査報告書を発売しました。

 全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ね、本リリースは、【首都圏編120校】の「有職者からの回答結果」に関するものです。
 【首都圏編】の大学ブランド力トップ3は慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学。


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)
・慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学がトップ3
・前回からの上昇率でも、慶應義塾大学が第1位。東京工業大学、津田塾大学が続く。

■その大学「ならでは」の魅力として
・「キャンパスに活気がある」「柔軟性がある」青山学院大学


【調査結果データ】
■《大学ブランド力》トップ3は、慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学
 首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」第1位は、87.5ポイントを獲得した慶應義塾大学(表1)。2009年以来、5年ぶりの第1位となった。第2位は東京大学(86.0ポイント)、第3位には早稲田大学(83.5ポイント)が続いた。公立大学で最も高いのは、第36位の横浜市立大学(50.5ポイント)。
 前回と比較すると、慶應義塾大学が4.2ポイント伸ばして上昇率でも第1位に入った(表2)。上昇率第2位は東京工業大学(2.8ポイント)、第3位は津田塾大学(2.6ポイント)となった。

■《大学イメージ》「キャンパスに活気がある」「柔軟性がある」など4項目で青山学院大学が第1位
 大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表3)。今回の調査では、ブランド力第1位の慶應義塾大学が、「好感が持てる」「就職状況が良い」など11項目で第1位を獲得。また、ブランド力第2位の東京大学も、「時代を切りひらいている」など11項目で第1位に、ブランド力第3位の早稲田大学は、「チャレンジ精神がある」「個性的である」など6項目で第1位になった。ブランド力で80を超えた三大学は、各大学「ならでは」の魅力が伝わっていることがわかる。そのほか、「キャンパスに活気がある」「柔軟性がある」など4項目で青山学院大学が、第1位になった。

@Press

トピックスRSS

ランキング