日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」【北陸・東海編】 大学ブランド力上昇率第1位は中京大学、第2位に金沢大学 ブランド力トップ3は、名古屋大学、金沢大学、南山大学

@Press / 2014年11月28日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で8年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」の結果をまとめ、11月28日に調査報告書を発売しました。

 全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ね、本リリースは、【北陸・東海編65校】の「有職者からの回答結果」に関するものです。
 【北陸・東海編】の大学ブランド力TOP3は名古屋大学、金沢大学、南山大学。前回からの上昇率では、第1位が中京大学、第2位が金沢大学となりました。


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)
・名古屋大学、金沢大学、南山大学がトップ3
・前回からの上昇率では、中京大学が第1位

■その大学「ならでは」の魅力として
・「いま注目されている、旬である」「キャンパスに活気がある」など7項目で中京大学が第1位
・「親しみが持てる」「誠実である、正直である」は静岡大学が第1位


【調査結果データ】
■《大学ブランド力》 トップ3は、名古屋大学、金沢大学、南山大学
 北陸・東海地方の主要大学65校における「大学ブランド力」第1位は、92.4ポイントを獲得した名古屋大学(表1)。第2位は金沢大学(68.9ポイント)で、「地域産業に貢献」「勉強、研究に熱心である」などの評価が上がり、前回から4.2ポイント伸ばした。続いて第3位は南山大学(68.2ポイント、私立大学では第1位)。なお、公立大学の中では、名古屋市立大学が第7位ともっとも高い順位になった(59.3ポイント)。
 また、前回と比較すると、中京大学が5.7ポイント伸ばし(表2)、大学ブランド力ランキングでも第5位に入っている。

■《大学イメージ》 「キャンパスに活気がある」中京大学、「親しみが持てる」静岡大学
 大学に関する49項目のイメージについて、それぞれの大学の得票率を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表3)。今回の調査では、上昇率で第1位になった中京大学が、「いま注目されている、旬である」「キャンパスに活気がある」など7項目で第1位を獲得した。2014年に開学60周年を迎えた中京大学では、スポーツでの知名度に加え、改革を進める組織の姿勢に対して評価の声が上がっている。静岡大学は「親しみが持てる」「誠実である、正直である」の項目で第1位、「語学に長けている」「グローバル/国際交流が活発」など国際性を評価する項目では南山大学が第1位となった。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング