地盤技術のプロフェッショナル集団 グランダートユニオン、「e-soil II」を使用した液状化調査・判定を導入

@Press / 2014年12月19日 9時30分

 主に住宅関連事業を展開する兼松日産農林株式会社(所在地:東京都千代田区、取締役社長:高崎 實、東証一部 証券コード 7961)の運営する、地盤技術のプロフェッショナル集団 グランダートユニオンは、住宅地盤設計支援システム「e-soil II」を使用した、住宅における業界最高水準の液状化調査・判定を2015年1月より導入いたします。


■導入の背景 - 一貫した調査・判定方法による液状化判定を -
 国土交通省は、2000年4月1日に施行された住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)に基づき、購入希望者が安全に住宅を購入するための指標である「住宅性能表示制度」を定めています。この制度には、2011年3月に日本を襲った東日本大震災の被害状況を鑑み、2015年4月より『液状化に関する情報提供に関する項目』の追加が予定されています。
 これにより、各ハウスメーカーは「該当地域で液状化が発生する可能性(マクロデータ)」「住宅敷地の地盤調査の記録(ミクロデータ)」「液状化対策工法」などの情報を、住宅購入希望者に提供することになります。
 しかし、多くのハウスメーカーにおいて、液状化に関する情報の開示は従来ほとんど行われていなかったために、現場の作業員への地盤調査方法の指導や、全国で使用できる一貫性のあるシステムの構築に追われている現状があります。

 当社の運営するグランダートユニオンは、地盤業界のプロフェッショナル集団として、より安全な地盤に建つ住宅をお客様に提供すべく、制度の施行に先立ち、「e-soil II」による液状化調査・判定を導入します。また、同時に調査・判定に必要な土試料を採取するための採取器も新たに開発、導入を行います。
 これにより、全国で同一の採取法ならびにシステムを用いることが可能なため、日本各地のメンバー企業において、一貫性のあるクオリティの高い液状化調査・判定の提供が可能になります。


■住宅地盤設計支援システム「e-soil II」について
「e-soil II」は、グランダートユニオンで提供している、クラウド上でいつでもどこでも進捗状況を確認し、情報を共有化できる業界最高水準の住宅地盤設計支援システムです。
ワンタイムパスワードでログインが可能で、インターネット接続環境があれば、近隣の地盤調査データや地形図はもちろん、土試料データを入力いただくことで、専門知識を必要とする複雑な計算をせず、あらゆる地盤に関する調査・判定を行うことが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング