テクノツリーの電子帳票Webアプリが大規模ユーザ向けに進化「XC-Gate.ENT」 Windowsタブレットに対応!UI強化、API公開で既存基幹システムとの連携も

@Press / 2014年11月27日 14時0分

画面イメージ
株式会社テクノツリー(本社:兵庫県明石市、代表取締役:木下 武雄)は、チェックシート入力・報告書電子化システムの決定版XC-Gateの新製品「XC-Gate.ENT(エクシーゲート・エンタープライズ)」を2014年12月1日(月)にリリースします。

製品サイト: http://www.tt-websolution.jp/xc/ent/index.html?press=1
(画面イメージ http://www.atpress.ne.jp/releases/54292/img_54292_1.jpg )


【新製品開発の背景】
チェックシート入力・報告書電子化システム「XC-Gate(エクシーゲート)」シリーズは、タブレットなどを使用したペーパレス・業務効率化システムとして、2011年の発売以来、累計企業150社へ導入した人気のパッケージ製品です。発売当初より、お客様から使い勝手やセキュリティ面、使用ユーザ数の制限などに対するご要望を頂いていました。こういったニーズを背景に、大幅に機能を向上し、アクセス制限強化、実績データの活用強化、Windows OS対応、さらに大規模ユーザに対応した新製品として「XC-Gate.ENT」の開発をいたしました。その上で、企業の基幹システムとのインターフェイスを用意し、業務効率の向上を可能にしました。


【新製品の特長】
◆Windowsタブレットに対応
◆大規模ユーザ対応を可能にした新エンジン
◆WebAPIによる既存基幹システムとの連携
(フロー図: http://www.atpress.ne.jp/releases/54292/img_54292_2.jpg )

製品価格は、5ユーザライセンス(CAL)120万円の単体ソフトを基本としてCAL数毎に設定しており、大規模ユーザまで様々なユーザ規模のご要望にお応えいたします。
12月1日より販売を開始し、初年度100本、平均30ユーザ換算で保守費やカスタマイズ費用等も含め、約3.5億円を売上目標とし、従来比倍増を見込んでいます。


【導入効果】
(1) 業務のペーパレス化によるコスト削減
(2) トレーサビリティの向上
(3) Excel資産の有効活用
(4) リアルタイムな情報共有


【導入実績】
製造業(設備点検・品質チェック等)、メンテナンス業(報告書・点検チェック等)、建設業(配筋検査・入居前検査等)、フランチャイズ(清掃チェック・業務報告等)
http://www.technotree.com/cases/?press=1


【会社概要】
社名   : 株式会社テクノツリー
本社所在地: 〒674-0074 兵庫県明石市魚住町清水534-7
代表者  : 代表取締役 木下 武雄
創立年月日: 1996年7月
資本金  : 3,000万円
業務内容 : 自動車取説を中心としたコンテンツ制作と
       タブレット端末ソリューションを始めとしたシステム開発の
       2本柱で事業展開しています
URL    : http://www.technotree.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

フロー図

@Press

トピックスRSS

ランキング