武蔵大学が学生の施設利用データ分析に『ピットタッチ』を採用 ~学生の施設利用データの効果的な収集と分析を実現~

@Press / 2014年12月1日 10時30分

Musashi Communication Village
株式会社ビー・ユー・ジーSST(東京都新宿区、代表取締役社長:山川 進、以下 BUGSST)は、武蔵大学を運営する学校法人根津育英会武蔵学園(東京都練馬区、理事長:根津 公一)が2012年10月にオープンした「Musashi Communication Village(以下 MCV)」でのエリア入退場および施設利用データの収集・分析システムに、非接触ICリーダー『ピットタッチ・ミニS 勤怠・出欠ログ取得パッケージ』が採用されたことを発表します。

『ピットタッチ・シリーズ』: http://www.bug-sst.co.jp/product.html


MCVは外国語や異文化を学ぶための参加体験型学習スペースで、英会話初心者でも参加できるフリー・トーク、大手英会話スクールによる少人数英会話レッスン、マンツーマンでの外国語学習カウンセリング、各種イベント、常駐外国人スタッフによるアクティビティなど多彩なプログラムを提供しています。

武蔵大学は、学生によるMCVの利用状況をより効果的に把握・分析するため、ICカード学生証の読み取り端末に『ピットタッチ・ミニS 勤怠・出欠ログ取得パッケージ』を活用したシステムを採用しました。具体的には、外国人スタッフも含めたMCVスタッフがピットタッチ端末を携帯し、学生とのフリー・トークの中で端末にタッチしてもらうことにより、学生が館内で誰と会話したのか、どのレッスンを受けたのか等の利用データをPC上に取り込み分析できるようになります。

武蔵大学の情報システム部 緒方 淳 氏は、「ピットタッチによりICカードに切り替わった学生証や職員の身分証をより有効に活用できるようになりました。具体的には、FeliCaの固有IDを利用したシステムを容易に実現できました」さらに「今回採用した『ピットタッチ・ミニS 勤怠・出欠ログ取得パッケージ』は持ち運びがとても簡単で、タッチした情報(FeliCaのID情報やタッチの日時など)は一旦ピットタッチに保存され、そのログ情報をCSVとして簡単にPCに集約し分析できることが非常にメリットと感じています」と述べています。

武蔵大学では今回のシステムの導入により、例えばA先生のところに学生が何人来て、B先生のところに何人来たか、どの語学レッスンを受けたのか、等の分析が簡単に行えます。また、利用数が徐々に増加していることをデータとして提示することができるなど、利用統計のデータを効果的に取得、分析できるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング